伊藤直樹(クリエイティブ・ディレクター) →為末大(爲末大学) Vol.2
「これからも身体の観察は続けるのですか? 」

デジタルメディアを中心にさまざまなプロジェクトを手がけ、国内外から注目を集めているクリエイティブ・ディレクター、伊藤直樹さん。「身体性」をクリエーションの重要なテーマとして掲げてきた伊藤さんが、今回インタビュー相手に選んだのは、400mハードルで3度のオリンピック出場経験を持ち、昨年6月に惜しまれつつも現役を引退した為末大さん。引退後もさまざまな場での講演やイベント、ツイッターでの発言などで話題を集めている為末さんに、伊藤さんが聞きたいこととは?

これからも身体の観察は続けるのですか?

Q. 為末さんは引退をされたことで、トップレベルで自分の身体と対話していくことは終えられたと思いますが、これからも身体と向き合うことは続けていくのですか?

為末:何かしら身体に関わることはやっていくと思います。引退してひとつ気づいたことがあるんです。陸上をしていた時の「疲労」というのは、食べて寝れば回復する類のもので、それを僕はずっと繰り返してきました。でも、仕事を始めてみて、体力とはまた違う「疲労」のメーターがあるんじゃないかと感じたんです。そのメーターは、むしろジョギングなどの運動して体を疲れさせることで回復するようなもので、いわば精神の体力みたいなものなんじゃないかと。現役時代は自分の体力を回復させるために色んなことを試してきたのですが、また違うメーターがあるんだということに気づきました。これまでの人生は走ることしかなかったからわからなかったのですが、道理でみんな走るわけだと(笑)。

Q. 僕は、もの作りにフィードバックするために走ったり泳いだりしているところがあるんですね。為末さんの場合は逆で、これまでは身体を観察することが軸にあって、その周りに本を読んだり文章を書いたりするということがあったのかなと。それがいまは我々の比率に近づいてきていているような気がします。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード