角川歴彦×川上量生「カルチャーとテクノロジーに精通した未来のエリートを育てる」

カドカワが2016年4月に開校予定のネットの学校、その名も「N高等学校」。その特徴の一つが、「この高校に通えば、将来の出口が見つかる」ということ。現代の教養であるプログラミングの技術を身につけ、豪華な課外授業で自分の興味のある方向を伸ばすそうです。
KADOKAWA取締役会長の角川歴彦さんと、カドカワ代表取締役社長の川上量生さんが、未来の教育のあり方を語ります。

エンジニアにも、伝統工芸の職人にも。生徒全員が出口を見つけられるように

— 正式な通信制高校である以上、教科書は文部科学省検定済のものを使うことになりますよね。けれど、カリキュラムは相当、ニコニコ的なものになるのでしょうか。

川上量生(以下、川上) そうですね。ぼくらがつくるからには、普通の高校にはしないつもりです。

角川歴彦(以下、角川) 教科書の表紙が全部、ライトノベルみたいなイラストだったり?(笑)

川上 そういうこともするかもしれませんが(笑)、どうせならラノベ作家を養成するコースをつくりたいということで、現役のラノベの先生による課外授業を実施します。あとはKADOKAWAグループの電撃文庫の編集者がコミック作家になるノウハウを教えたりします。

角川 じゃあ、音楽の授業だったら、初音ミクとかのボーカロイドの音楽を作曲する、みたいな授業もでてきたり。

川上 それもいいですね。ボーカロイドを開発した人が、講師として直接教えてくれる、なんてこともあると思います。あと将棋部だって、ぼくらがつくるとすごく豪華な将棋部ができると思うんですよ(笑)。

角川 おもしろそうだねえ。期待がふくらむな。

— 最近では、学校におけるあらゆる教育がキャリア教育であるべき、という考えもありますが、キャリア教育についてはどうお考えですか?

川上 キャリア教育というか、そこで言っているのは社会で役立つ実用的な教育、ということですよね。教養教育ではなくて。ぼくは、教養は大切だと思っています。
 でも、今の学校教育では、現代に必要な教養を教えていないと思うんです。そこを、ぼくらはサポートしたいんです。そして、実用的な教育というのも、単純に専門知識だけを教えるなら専門学校でいいですよね。でも、ぼくらがつくるのは、高校なんです。この高校では、新しいネット時代の教養が身につく。それはきっと、将来のキャリアにも役立つはずです。その“教養”の一つの例として、生徒全員にプログラミングを学べるコースを用意したいと思っています。

角川 それは大事だね。

川上 プログラミングやウェブデザインなどをひと通り学べば、今の時代は食っていけますよ。ちゃんと身につければね。

角川 そう考えると、この時代に学校でプログラミングを教えないで、企業に入ってから教えようとするのは、おかしいよね。N高は、時代の要請に応えた学校になると思います。

— この高校でプログラミングを極める子が出てきたら、大学に行く必要はなくて、いきなり就職するということもあり得ますよね。

川上 実際、ドワンゴのエンジニアって高卒で主力になっている人が多いんですよ。実力あるエンジニアは、高卒のほうが有利ですよね。プロ野球と一緒です。一方で、日本の各地方で後継者がいなくて困っている職業を、生徒に紹介する仕組みをつくろうと思っているんです。それはもしかしたら、伝統工芸の職人かもしれない。ITに関連する仕事も伝統的な仕事も、両方紹介して、最終的にみんなが出口を見つけられる高校にしたいんです。もちろん、大学に進学したい人のために、勉強のカリキュラムも充実させます。

角川 「地方創生」という目的にもかなっている学校だと言えるね。

これからの教育のあるべき姿を先取りする

川上 今は何でも東京に集中してしまいますが、この高校は地方にいながらみんなで学べる学校なんです。それはやっぱり、ネットがあるから実現できる。ネットって、ある意味「逆転の場所」でもあるんですよ。

角川 ほう。逆転の場所?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ネットが変える新しい教育

cakes編集部

本日、KADOKAWA・DWANGOがネット時代の新しい高校設立を目指しているという発表がありました。そこで今回ドワンゴとcakesの合同で、各界の著名人に、教育、学習についてインタビューをおこないました。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

freeman_as 面白い教育論だった。タイトル部の掘り下げがもう少し聞きたかったのと、カルチャーの定義が欲しいところ 約3年前 replyretweetfavorite

consaba 「エンジニアにも、伝統工芸の職人にも。生徒全員が出口を見つけられるように」 約3年前 replyretweetfavorite

ld4jp 「今の日本のポップカルチャーが、世界で消化されて、そこから派生したものを何百年後かの日本人がいいなと思ったりするんでしょうね」。文化は自然に流れ、インタラクティブに影響することで発展する。この当然の事実に真っ向から反するのがTPP。 https://t.co/jLrTWkYsjI 約3年前 replyretweetfavorite

shogidaichan >将棋はいま完全に、21世紀の最先端をいく頭のスポーツですよ。 https://t.co/dzl5KTaDMC 約3年前 replyretweetfavorite