つきあうならどっち? イギリス男とアメリカ男

英語圏の国としてひとくくりにされてしまうこともあるイギリスとアメリカですが、テーブルマナーから異性の好みまでも異なるようです。今回はロマンス小説に象徴される「理想のイギリス男性」と「理想のアメリカ男性」の話から、現実の特徴の違いまで、イギリス男性とアメリカ男性の違いをご紹介していきます。

イギリスとアメリカ、文化も趣味も全然違う!

私が初めて訪問した外国は、夏期語学講座を受けに行ったイギリスだった。チャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚式があった1981年の夏で、当時の首相はマーガレット・サッチャーだった。

日本に戻ってから猫好きの祖母に「アメリカでは猫も英語で鳴いていたの?」と尋ねられて頭を抱えたのだが、あれから30年以上たった今でも、(猫語はともかく)アメリカとイギリスは同じようなものだと思っている人は多いようだ。

かつてはイギリスの植民地だったアメリカだが、移民の国として独自の変化を遂げたので、国語の英語にしても、アクセントのみならず、表現、スペリング、文法、イントネーション、と多くの差異がある。「躾が良い」とみなされるテーブルマナーも違うので面倒である。

意外と知られていないのは、恋愛観や異性の好みも微妙に異なることだ。

恋愛に的を絞ったロマンス小説では、女性を虜にするヒーローの設定が何よりも重要である。だが、このヒーローの描き方が、イギリスの女性作家とアメリカの女性作家で微妙に違うのだ。

アメリカ女性の「筋肉信仰」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

YukariWatanabe @kcdyer @jobourne We seem to have lots in common. ;-) It's my online column! https://t.co/mxqQIiEOxr 4年以上前 replyretweetfavorite

akakiao  あー、わかるう…ってなる(本の話 4年以上前 replyretweetfavorite

IronBuddha_jp つきあうならどっち?  イギリス男とアメリカ男|渡辺由佳里 @YukariWatanabe https://t.co/S2i6bRfGhs https://t.co/miGYTOEu3U 4年以上前 replyretweetfavorite

hori_kawa スーパーマンもバットマンもムキムキ 4年以上前 replyretweetfavorite