働かない男」への拒否反応—vol.2

今、注目される「主夫」たち。さまざまな理由で主夫になった男性たちの姿を追いながら、話題は、主夫をさらに広めるべく、「秘密結社 主夫の友」が企画する“婚活イベント”にうつっていきます。婚活イベントへの、未婚女性の意外な反応とは?

「イクメン」とは違う「主夫」の実態とは?

白河桃子(以下、白河) 主婦の年金ともいわれる「第三号年金」をもらっている人は、11万人いますが、そのうちの7万人が健康的な理由などの事情があるそうです。健康な男性で主夫の方って残りの少数派になりますよね。社会的には認知されにくい存在ですよね。

堀込泰三(以下、堀込) 「秘密結社 主夫の友」では、定期的にイベントを行ったり、マスコミの取材もうけています。一番の目的は、こういうライフスタイルもあるということを、知ってもらいたいんです。

白河 家族の多様性に気づいてもらうにはいいですよね。

堀込 ファザーリングジャパンで新しく主夫のプロジェクトをやるとなった時も、インパクトのあることをしよう、と決めました。志は真面目に、アプローチはやわらかく。

白河 「イクメン」という言葉が少し前に流行りましたが、「イクメン」と違う、家庭を支える存在として、多くの方に知ってもらいたいですね。

堀込 たとえば、主夫が子どもを予防接種につれていった場合、お医者さんから子どもの健康状態や生活の様子を聞かれるのですが、「お父さんじゃわからないでしょう」と言われることがあります。ぼくたちのほうが奥さんより子どもをみていますから、そう言われると、少し傷つきますよね。

白河 そもそも男性が子どもをみる、という発想がないのですね。積極的に家事・育児を手伝う「イクメン」と違って、主夫は、家事・育児を責任もって行っていますもんね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
主夫」ってどうですか?

堀込泰三 /白河桃子

男性が家事・育児をし、女性が一家の大黒柱となる。今、そんな家庭が増えているのをご存じでしょうか? 家事・育児をこなす、主婦ならぬ「主夫」たちの実態と彼らが築き上げている家庭のようすに、「秘密結社 主夫の友」CEOの堀込泰三さんと、「婚...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

moxcha バリキャリ女性は主夫を許さないとか勝手に流して回る方が許しがたい事例 約4年前 replyretweetfavorite

mk4ocZ8NocNFiAZ 主夫の友です。電子メディア媒体『cakes(ケイクス)』にて、我が結社CEO堀込タイゾーのインタビューが3回連載で掲載されています。インタビュアーは結社顧問をしています白河桃子さん。https://t.co/yUaObv9Rc5 約4年前 replyretweetfavorite

m_sorahito 主夫・主婦は両方有り派。子供が出来るまでは両方働いて共にお互いを支えるパートナーが良いと思っている。→ 約4年前 replyretweetfavorite