​『岸辺の旅』 幽霊は電車に乗れるのだろうか?

『CURE』『叫』などで知られる黒沢清監督の『岸辺の旅』。多くのホラー映画の傑作を手がけた監督の新作ですが、幽霊は出てくるものの、これまでの作品とはまた異なるものに仕上がっているようです。この話題作をブロガーの伊藤聡さんはどう見たのでしょうか?

第68回カンヌ国際映画祭で、日本人初の監督賞を受賞した黒沢清『岸辺の旅』は、深津絵里と浅野忠信の夫婦による旅の物語である。3年前に失踪し、行方不明だった夫が、自宅へ戻ってくる。夫は「自分は海に落ちて死んでしまい、身体はもう蟹に食べられてしまったが、こうして家まで戻ってきた。あちこちきれいな場所があるから、一緒に旅に出ないか」と妻を誘う。どうやら彼は幽霊のような存在であるらしい。こうして夫婦は、夫が帰宅までの道中で世話になった人びとを訪ね歩く旅へ出かけることとなった。

黒沢はこれまでにも、『回路』(’01)や『叫』(’07)等の作品で幽霊の存在を描いているが、本作にホラーの要素はあまりなく、ラブストーリー、メロドラマとして見ることができる。脇を固める小松政夫、蒼井優、柄本明などの好演も光る。

死者がよみがえる、という題材の映画は無数に作られているが、そうした過去作と『岸辺の旅』とのもっとも大きな違いとは、決してファンタジーのタッチにならず、日常的なリアルの目線からストーリーが語られる作風にある。もし、3年前に死んだ夫が幽霊となって自宅の居間に立っていたら、人はどのように反応し、どんな言葉をかけるだろうか。誰もいなかったはずの居間にいつの間にか立っている夫を見た妻は、それがこの世ならざる者であることを直感しつつ、おそるおそる会話を始める。この場面は実にスリリングであり、同時に独特のユーモアを感じさせるものとなっている。実際に愛した者の幽霊がとつぜん現れたら、きっとこのような会話になるだろうという独特の現実感があるのだ。

わけても、靴を履いたまま居間に立っている夫に向かって、土足を指摘するくだりの新鮮さはすばらしい。3年ぶりに再会した幽霊の夫にかける言葉が「靴、優介」だというのが妙におかしくて、そこから発生するリアリティに目が覚めるようである。また、旅に出るふたりが移動にレンタカーを使うか、電車に乗るかを相談する場面も同様だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
およそ120分の祝祭 最新映画レビュー

伊藤聡

誰しもが名前は知っているようなメジャーな映画について、その意外な一面や思わぬ楽しみ方を綴る「およそ120分の祝祭」。ポップコーンへ手をのばしながらスクリーンに目をこらす――そんな幸福な気分で味わってほしい、ブロガーの伊藤聡さんによる連...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

campintheair cakes『岸辺の旅』評も更新されております( https://t.co/YHoNrjdJA4 )。10代、20代の方は、身近な方が亡くなったりといった経験がまだ少ないと思いますが、歳を取るにつれて、必然的に死者の記憶を抱えながら生きていくことになります。そんな題材の映画です。 約5年前 replyretweetfavorite

consaba 『岸辺の旅』 幽霊は電車に乗れるのだろうか?| #eiga 約5年前 replyretweetfavorite

campintheair 『岸辺の旅』。本当は、対蒼井戦の切り返しショット、小松政夫の突出した存在感なども語りたかったのですが、文字数の関係で省略。ぜひ私の評を読んでみてください。映画じたいも、メロドラマとして心地よく響く場面が多いです。 http://t.co/6eArosGuLF 約5年前 replyretweetfavorite

campintheair cakes連載更新です。今回は『岸辺の旅』評( http://t.co/6eArosGuLF )。死者がよみがえるというファンタジー的な題材を、沸点の低い日常のリアリティラインで描写するというバランスが特徴の作品だと思います。フレッシュです。黒沢清監督、深津絵里、浅野忠信出演。 約5年前 replyretweetfavorite