死ぬまで知られていなかった写真家—「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」

「ヴィヴィアン・マイヤー」という写真家を知っていますか。生前、一度も作品を発表しなかった彼女ですが、偶然、大量のネガが見つかったことにより、世界から注目を集めています。そして今回、誰にも知られていなかった写真家、ヴィヴィアン・マイヤーの生涯を追うドキュメンタリー映画『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』がシアター・イメージフォーラムで公開されました。劇中ではたくさんの彼女の作品を見ることができる上、ドキュメンタリー映画としても十分に楽しむことができます。

伝説めいたライフヒストリーを持つアーティストというのは、古今東西たくさんいますね。レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロにはじまり、ゴッホにピカソといったところも派手なエピソードをあれこれ抱えております。フィクション、ノンフィクションを問わず、そうした芸術家を主人公にした映画も、たくさんつくられてきました。個性的なキャラクターを無理せず打ち出せるのですから、題材にしたくなる気持ちはよくわかりますね。

こちらはドキュメンタリーですが、新たな芸術家映画がひとつ誕生し、上映がはじまっておりますよ。『ヴィヴィアン・マイヤーを探して』と題された作品です。

ヴィヴィアン・マイヤー。この名を聞き覚えのある人は、あまり多くないはず。知っているとすれば、かなりの写真好きでしょうね。でもこの名前、覚えておいて損はありませんよ。いまのところの知名度は低くとも、今後どんどん注目度が高まるのはまちがいなしですから。

すでに没している彼女、生前はまったくの無名でした。写真家として見出されるのは、偶然のきっかけによるものです。2007年のこと、米国シカゴに住む男性が大量の古い写真ネガをオークションで競り落とします。一部をインターネット上にアップすると、それを目にした人たちから熱い支持が集まります。


Ⓒ Vivian Maier_Maloof Collection
Ⓒ 2013 RAVINE PICTURES, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

そんなにすごい写真家の作品だったのかな。男性はネガの持ち主の名、ヴィヴィアン・マイヤーを検索してみますが、何もヒットせず、情報は得られません。しばしの時を経て、あらためて調べてみると、彼女の死亡記事がヒットしました。読めば、写真家だったなどという話はどこにもなく、乳母として生涯を終えた女性だったといいます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pingpongdash これみてみたい。渋谷か。-- 5年弱前 replyretweetfavorite

mdn_t なんとも、ミステリアス。 5年弱前 replyretweetfavorite

suisenteikyohji 実に興味深い。> 約5年前 replyretweetfavorite

bezieer これは観たい。 約5年前 replyretweetfavorite