作家・ブロガーはあちゅう「ブログ、書籍、サロン、テレビ……収入源を分けることが私の強み」

“女子大生カリスマブロガー”に始まり、多くのSNSを使いこすはあちゅうさん。著書を多数発表し、日テレ『スッキリ!』ではレギュラーコメンテーターをこなすなど活躍を続けています。さまざまなメディアを渡り歩きながら、自分自身を“メディア化”する彼女は、「メディアビジネスの未来」をどうとらえているのでしょうか? 前編では気になる彼女の収入源やさまざまなメディアで発信をするなかで気づいたことについてくわしくお聞きしました。

宣伝のための記事は、炎上を狙うこともあります。

加藤貞顕(以下、加藤) はあちゅうさんは個人でブログやSNSなどのメディアを多数運営されていますよね。僕は、はあちゅうさんの活動は本当に最先端だと思っているんです。自分自身がメディアと言っていい存在ですよね。さらにビジネスについてもすごくよくお考えになられている。ということで、今日はいろいろお話をうかがえればと思います。

はあちゅう ありがとうございます。

加藤 そもそも、はあちゅうさんは大学生の時にブログを開設されていますが、なにか大きな野望を持ってはじめたのですか?

はあちゅう そうでもないんです。私は、もともと書くことが好きで、「作家になりたい」と2歳の頃から思っていたんです。日記は小学1年生の頃からずっと書いていますし、レシピをひたすらノートに書き写すのも好きでした。その後、大学時代にブログというものを初めて知り、「あ、これで私の書いたものがみんなに見てもらえるようになるんだ」と思ってはじめました。

加藤 ブログはちょうどいい場所だったんですね。一時期、すごくたくさんブログをやっていたのが印象に残ってます。

はあちゅう そうですね。30個くらいのブログを持っていましたね。

加藤 そんなに!(笑)

はあちゅう 表に出してないものも多いんですよ。アフィリエイトのテストをするためのブログとか、サービスをいろいろ試してみるために作ったブログもありました。どれも基本的には遊びですね。あと、キャンペーン期間中だけブログ書いてほしいというお仕事も受けていたことがあります。

加藤 はあちゅうさんは、ブログをわりとあっさり引っ越すのも印象に残っています。今回もLINEブログに引っ越しましたが、お客さんが集まって来ている場所から引っ越しても平気なんですか?

はあちゅう 基本的にはその時に一番勢力の大きいところに行きます(笑)。やっぱり勢いに乗っているブログは使いやすいし、新しい機能の設計とかが勉強になります。

加藤 LINEブログはどうですか?

はあちゅう 最高です。LINEブログに移ったとき、公式LINEアカウント(企業や著名人などに発行される公式アカウント)を一緒に使えるようにしていただいたんです。
 もともと個人向けのLINE@も使っていたのですが、Twitterに書いても2〜3個しかリプライがないのに、LINE@で同じように投稿したら100個以上のコメントが来る。フォロワー数はTwitterが6万人以上でLINE@は3000弱でも、コメントの返り方がぜんぜん違います。LINE@のパワーと可能性を実感しました。

加藤 なるほど。ブログのページビュー(PV)って、うかがってもいいですか?

はあちゅう livedoorブログ時代は月間100万PVです。でも、LINEブログに変わってから1日のPV数がものすごく上がりました。今後も増えていくと思います。

加藤 そもそも、はあちゅうさんはブログで収益をあげているのですか?

はあちゅう 私の場合、アフィリエイトの収入はそれほど多くないです。やっぱりアフィリエイトで稼いでいる人は専門性のあるブログが多くて、私みたいな雑記だと弱いんですよ。企業からのタイアップの記事とかは、それなりのお金をいただいています。

加藤 なるほど、広告代理店とエージェント契約を結んでるんですか。

はあちゅう はい。いくつかの代理店さんとおつきあいさせて頂いています。頼まれるものを全部受けてたら自分にとってブログが愛せる場所じゃなくなっちゃうので、納得できる商材、納得できる条件の場合だけ、書かせて頂いています。

加藤 ブログ単体でも収入が立っているんですね。

はあちゅう ブログで収入が立っているというより、いろいろな収入源を持っているということが私の強みだと思います。
 ブログは自分で営業をしているわけではないので、いい案件が毎月来るとは限らないんですよ。最近だと婚活アプリとか、すごくお金はいいんですけど、私はやりたくないんです。実際に使ったわけではありませんし。基本的に、ほんとうに自分がいいなと納得したものだけを紹介するようにしています。

加藤 いまnoteでも「月刊はあちゅう」という有料のウェブメディアを運営していただいてます。ぼくも購読させていただいているのですが、毎日更新されていますよね。週末も欠かさず更新して、文章もけっこう長いのですが、これは大変じゃないですか?

はあちゅう 大変なんですけどコーヒー一杯分の値段でお得だな、って購読している人にお得感を感じてほしいので……。文庫本一冊の満足度と対抗しています。ただ、たぶん、同じ内容をブログに書くとすごく時間がかかるので、クローズドな「月刊はあちゅう」は少しは楽です。やっぱりブログは、全方位に気を遣っていて、言葉一つ一つを選んでいる分だけ時間がかかるんです。ちょっとしたことが炎上につながると身をもって知っていますから(笑)。

加藤 以前、「女の子はお金がかかる」という記事が炎上して話題になりましたけど、あれはPVが伸びるようにあえて狙ってやっているんですか?
女の子が一カ月に使う美容費について。|伊藤春香オフィシャルブログ「はあちゅう主義。」

はあちゅう あれは狙いましたね(笑)。あれは「肉会」の宣伝のための記事だったので。見られないと意味がないですから。

加藤 狙ってできるのがすごいです。

新しい読者は本からしか来ない。

加藤 Synapseのオンラインサロンも有料でやっていますよね。

はあちゅう はい。オンラインサロンは2つやっていて、ひとつは起業家の経沢香保子さんといっしょに「ちゅうつねカレッジ」をやっています。こちらは、オンラインがメインのゆるいビジネススクールというイメージです。毎月テーマが変わって、一か月かけてそのテーマを深めていくということをやっています。
 もうひとつは、村上萌さんといっしょに「ちゅうもえの楽屋にいらっしゃい♪」をやっています。こちらはもうすこしのんびりしていて、ライフスタイルを互いに共有するサークルといった感じですね。

加藤 サロンをはじめたのはどのような理由だったのでしょう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メディアビジネスの未来

cakes編集部

インターネットによって、さまざまな業態が変化する2015年のいま。メディアの形とビジネスの仕組みは、どのように変わるのか。cakesの3周年企画として、未来のメディアビジネスの形をつくろうとしているみなさんにお話を伺いました。シリーズ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ora109pon はあちゅう「ブログ、書籍、サロン、テレビ……収入源を分けることが私の強み」 | 約2年前 replyretweetfavorite

batanif はあちゅう「ブログ、書籍、サロン、テレビ……収入源を分けることが私の強み」|cakes編集部 @cakes_PR https://t.co/omT2r3iZKi 約2年前 replyretweetfavorite

Hyakujuoh はあちゅう「ブログ、書籍、サロン、テレビ……収入源を分けることが私の強み」|cakes編集部 @cakes_PR https://t.co/oxD1371Bc7 約2年前 replyretweetfavorite

akitect はあちゅう「ブログ、書籍、サロン、テレビ……収入源を分けることが私の強み」| 働き者だなぁ。素晴らしい。 約2年前 replyretweetfavorite