Q.クッキングパパ・荒岩は一度も浮気したことがないのか?(前編)

15回を迎えた本連載。今回はクッキンングパパ最大の謎、荒岩の浮気について検証してみたい。なんと言っても、木村夢子とのギリギリな攻防戦。読んでるほうも妻を裏切る荒岩の姿なんてありえないと思ったり、これでいいのかと思ったりと、もはや誰をどう応援したらよいのかモラルさえ問われる浮気の検証を前編・後編にわけてお届けする。

A.妻・虹子を愛し、家族を大切にする荒岩。しかし荒岩にもうひとりの女性の影……はたして荒岩はシロかクロか!


クッキングパパ・荒岩は妻・虹子を深く愛している。虹子もまた同じで、強い信頼関係で結ばれた超仲良し夫婦。そんな荒岩が浮気などするはずがない。 しかし、初期クッキングパパでは荒岩に虹子とは別の女性の影がずっとつきまとう。

それが金丸産業の荒岩の部下である木村夢子である。

木村夢子は連載開始当初は22歳。営業2課の荒岩班いちの美女だ。初登場のときからビシビシと働く荒岩を見てポッと頬を赤らめたりして、荒岩に好意をもっていることがわかる。 連載初期の夢子はすごく恋に貪欲で、昼食は弁当派の荒岩と一緒に昼休みを過ごすべく自分も弁当を作ってきたり、荒岩が東京出張に行くときには「いーなあ おれも行きたいなあ」という同僚の田中に便乗して「ホント……一緒に行けたらいーのにな」と言ってみたり、その出張帰りの荒岩を昼休みを利用してひとり空港まで迎えに行ったり、妻虹子の出張の連絡を受けた荒岩に「今日奥さんいないんですか 今日遊びにいこうかなー主任さんちにー」とか軽口を言ったり、もう人目を気にせずガンガン狙いに行ってるのである。


夢子のさりげないボディタッチ©うえやまとち/講談社


「夫婦と思っちゃうかもしれませんネ」って、それはない©うえやまとち/講談社

こんな具合だから、荒岩班の部下はほとんど全員、夢子が荒岩に恋をしてることは知っている。夢子は自分の恋心を隠そうともしていないから、当然と言っちゃ当然なんだけど……。

そして荒岩に恋する夢子にものすごくラッキーなことがひとつ起きる。 荒岩が会社の給湯室でアイスクリームを作る姿を目撃したことをきっかけに、社内で荒岩が料理をすることを知るただひとりの人物となるのだ。(現在は荒岩の料理好きは周知の事実だが、当時は会社では絶対の秘密だった)

そのことを知った夢子はもう鬼に金棒、強力なアドバンテージを手にする。 ある日、荒岩がギョーザの専門店「一品軒」の緊急助っ人として厨房を手伝っていたときに、偶然夢子ら同僚たちが「一品軒」にやってくるという事件が起こる。ピンチの荒岩はとっさにマスクをするという苦肉の変装でごまかすが、いつも荒岩を見つめてきた夢子にはそんな変装はまったく無意味。 夢子はいち早くその正体を見破り、帰りを待ち伏せてほっぺにキスまでぶちかましている。


逆になぜ他の同僚たちは気づかないのか©うえやまとち/講談社


夢子、キスのやり逃げ©うえやまとち/講談社

「恋に没頭する小悪魔的な若い女」から「まじめでしっかりした優しい女性」になる夢子。荒岩の「片手ブラホック外し事件」からどうなる?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
クッキングパパの謎

澁谷玲子

開始から30週年を迎えた『週刊モーニング』の人気連載『クッキングパパ』。ガッチリとした体型としゃくれたアゴがトレードマークの無骨な九州男児・荒岩一味が織りなす、身近な素材を作って作った絶品料理の数々に、ヨダレを垂らしながら読んだ読者も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kiq こーゆー漫画なのか / 1件のコメント https://t.co/QYsJr6a1GU 約1ヶ月前 replyretweetfavorite

deki3 クッキングパパの謎 https://t.co/X0kufNhMFr 常識キャラの木村夢子、初期では頭おかしい。 田中一とどうやって結婚したか、漫画喫茶で10時間くらいかけて全巻読んでみるか? 3年弱前 replyretweetfavorite

s0e0_0y0a 「荒岩片手ブラホック外し事件」て。あれは事件なのか…。 約4年前 replyretweetfavorite

nanaoku_h 「荒岩片手ブラホック外し事件」って字面だけでも面白い 約4年前 replyretweetfavorite