洋にも和にも使える万能ツナ缶おつまみ![第10回]

今年は東京でも雪が降ったりと、寒い日が続きますね。だからなんだか買い物に行くのも億劫になりがちだし、料理をするのもちょっと体が動いてくれない……。今回は、そんな時にピッタリの手軽に作れるツナ缶を使ったおつまみをご紹介しちゃいます。お手軽なのに、何にでも使えて今年の冬はヘビロテ間違いなし!

みなさんこんにちは!
今年は寒いですねー。

冬だから寒いのは当たり前ですが、
東京では早々に雪も降ったりして、
歩いていると体が縮こまってしまいがち。
仕事帰りや休みの日に食材を買いに行くのも、
なんとなく億劫になりがちです。
でも、おつまみが買ってきたものばかりでは、
ちょっとつまらない。

というわけで前回に引き続き今回も、
超長期保存可能な缶詰めで
おつまみを作っていこうかと思います。

前回はオイルサーディンでした。
オイルサーディンを買うこと自体が初めてだった
という声もあったので、
今日はもう少し馴染みのある、
誰もが食べたことのあるものにしようと思います。

それは……
ツナ缶です。
ジャン!

ジャン、というほどのものでもない、
と言ったらツナ缶に大変失礼ですが、
この特別感のない感じ、
どうやって食べても大丈夫そうな、フツーな感じが安心です。
写真を見て「ん? 緑色の缶の方は?」
と気になっていただけましたか。

そう、この緑色の缶は
ポルトガルのツナ缶です。

前回のオイルサーディンのときにもご紹介しましたが、
ポルトガルは魚介類の缶詰め王国で
ツナ缶もバリエがいろいろです。
これはツナのオリーブオイル漬け、身も肉厚でしっかりしています。
崩してペーストにするよりむしろ、
身の大きさを生かしてサラダなどにそのまま添えたりするのがおすすめ。
トマト缶と一緒に煮込んでパスタのソースもいいですね。

このツナ缶は
「メルカード・ポルトガル」
で購入できます。

さて、国産のツナ缶の話に戻りましょう。
近所でツナ缶を調達するとき、
売り場に行ってみたら案外種類がいろいろあって
ちょっと迷ったことはありませんか?
実は、好みのツナ缶を見極めるにはコツがあります。
パッケージに書いてある文字にヒントがあるので、
よーく見てください。

たとえば、このはごろもフーズさんのシーチキン。
どんなヒントが書いてあるのでしょう。
それは、右上にある
「まぐろサラダ油漬け」という文字です。

まぐろ
油漬け

この2つがポイント。
なーんだ、そんなの全部そうじゃんと思ったあなた、甘い!
ツナ缶業界はそんなに甘くないのです!
熾烈な戦いでツナ缶はさまざまに細分化され、
ツナ缶はいまや「まぐろサラダ油漬け」だけじゃないんです。

一番大きなポイントはまぐろか、かつおか、です。
マグロは英語でツナですが、
実はツナ缶の棚には、
同じようなパッケージなのにかつおを使ったものがあります。
もちろん、好みなのでかつおじゃダメなんて言いません。
カツオの特徴は味の濃さ。
でも、ツナ缶を求めるなら、
やはりまずはマグロかと思います。

これはあくまで主観ですが、
マヨネーズやクリームなどの油脂類と混ぜるときは、
マグロの方が合うと感じます。
カツオのクセの強さでしょうか。

それからもう1点。
油漬けかどうか。
ヘルシーやライトを謳うものには、
塩水系や調味スープに浸されたものがあります。
特徴はさっぱりしていること。

たとえば高級スーパーなどのオリジナル商品には、
まぐろ自体の素材から調味スープにまでこだわったものがあり、
スープ漬けでもとてもおいしいものがあります。
でも、ツナ缶を買いに高級スーパーにいくという展開は
現実的じゃない。
ツナ缶はやっぱり安いからこそ親しみが湧くわけで、
コンビニや近所の大手スーパーで、
何かのついでにポンと買うのがツナ缶。

そんな状況から考えると、私はオイル漬けを選びます。
ツナのしっとり感をキープするのには、
やっぱりスープよりオイルだと思うのです。
でもあくまで好みなので、
スープ漬けVSオイル漬けが気になる方は
買って食べ比べしてみてくださいね。

さ、ツナ缶を買ってきたら、
早速おつまみをつくりましょう。
今日は2品3展開で紹介します。

最初は混ぜたら即完成! の、ものすごく簡単なペースト。
でも、ツナマヨではありませんよ。
ツナとマヨネーズの相性の良さは
もうみなさんおにぎりなどで御存じだと思いますので、
少し目先を変えます。

今日ご紹介するのは
「ツナクリーム」です。
こんな感じでパンに塗ったり、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

macerino 今日のおつまみレシピめも: https://t.co/9Mgkbx6h1M 約4年前 replyretweetfavorite