ヌードになって、って言われたら

今回の「ワイングラスのむこう側」は、お酒の席で女性と盛り上がる話題について。勇気を振り絞って女性に話しかけても、どんな話題を振ればいいのか、なかなか難しいものです。そんな人たちに、きっと盛り上がる話のテーマを、林伸次さんが伝授します。せっかくお酒を飲んでいるんだから、少しセクシーなお話をしたいですよね?

二人組の女性に声をかけるなら

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

バーというのは、他の飲食店に比べると、お客様が他のお客様に気軽に声をかけるハードルが低いです。それでも男性のお客様によく聞かれる話で「林さん、飲み屋で女の子二人組に声かけたい時あるじゃないですか。あれ、どういうタイミングで声をかけたら良いと思います?」というものがあります。

最初に結論を書いてしまうと、正解は「どちらか一人がトイレに立ったとき」です。女性二人組というのは、恋とか仕事とか話題がたくさんあって、話が止まらないんです。そこに「これ食べますか?」とか声をかけたとしても、男性がそうとうカッコいいか面白い話ができるかじゃないと、すぐに彼女たち二人だけの会話に戻ってしまいます。でも、一人がトイレに立っているということは、残った一人は無防備なので、あなた達が話しかけても、結構優しくリアクションは戻ってきます。

そこに、トイレに立った友達の女性が戻ってきますよね。するとトイレの女性は「あれ、ハナコ(仮)、知らない男たちと何を楽しそうに話してるんだろう」ってちょっと疎外された感じがするし、「私の方がかわいいのに。ハナコ(仮)ナンパされたの?」って友達にライバル心も持つんです。

すると、男性のお客様と話しているハナコ(仮)は、微妙に気を使って、「あ、エリコ(仮)。この人ヒカリエで働いてて、この辺りでよく飲むんだって」なんて、紹介してくれたりします。もちろんエリコ(仮)は、「そうなんですか」ってニコニコしながら会話に入ってきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shimodakohei どうですか? http://t.co/RcabJOPkfX 3年以上前 replyretweetfavorite

kuma_kuma 「写真集は出るんですか? 印税率は? プロモーション計画は?」と前のめりに聞かれたら、それはそれでヤだなw http://t.co/vxQv1984xt 3年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 林伸次@bar_bossa https://t.co/mWQ52kl9w8 飲み屋で女の子2人組に声かけるタイミング 正解は「どちらか1人がトイレに立ったとき」です。 残った1人は無防備なので、話しかけても、結構優しくリアクションは戻ってきます。 3年以上前 replyretweetfavorite

bar_bossa 下世話な話を書いてみました。 3年以上前 replyretweetfavorite