愛と冷笑の「ロックであることが全然ロックじゃない問題」

サブカル大好きの小説家・樋口毅宏さんと漫画家・渋谷直角さんの対談も最終回。渋谷さんは最近、あらゆるサブカルをいじった作風から「サブカルを冷笑してる」などと言われてしまうそうです。それを完全に否定しつつ、お話は「ロックであることが全然ロックじゃない」ないへ転がっていきます。

Dragon Ashの「I LOVE HIP HOP」がパクリって?

渋谷直角(以下、渋谷) パクリの元ネタを明かすべきかどうかっていうことに関して、いきなり身内の話であれですけど、僕には妹がいて、いま23歳なんですけど。

樋口毅宏(以下、樋口) お若いですね。

渋谷 そう、結構年が離れてて、その妹は椎名林檎がすごい好きなんですよ。

樋口 23歳だと、若いファンですね。椎名林檎が「幸福論」でデビューしたのは98年だから。

渋谷 で、こないだ打ち合わせをした男性の編集さんがたまたま椎名林檎の大ファンだったんですけど、彼は椎名林檎と同じヴィヴィアン・ウエストウッドの指輪をして、椎名林檎と東京事変以外の音楽は一切聴かないっていうんです。その人のことを妹に話したら、「ルーツ探らないやつは、ニワカ」ってばっさり。

樋口 ははは!

渋谷 「私はマリリン・マンソンから何から全部聴いたし」みたいな。うわ、こいつ順調に仕上がってきてる!って思いましたね。やっぱり、自分の好きな人が何から影響を受けたのか、すごく知りたいから。

樋口 カバー曲があったら、必ずオリジナルも聴くし。僕がつくづく思うのは、音楽でもマンガでも映画でも小説でもそうなんですけど、そこにパクリがあったとき、あらかじめ「教養」として元ネタを知ってるとそれをより楽しめるんだけど、作品のあとでようやく元ネタを知ると「裏切られた」気持ちになってしまうんだなって。

渋谷 あっ、そうですか。

樋口 それを特に強く感じたのは、ずいぶん昔になりますけど、99年にDragon Ashが「I LOVE HIP HOP」をやったとき。あんなの完全に「I Love Rock 'n' Roll」のパロディだってわかるのに、元ネタを知らなかった人は「Dragon Ashってパクリバンドじゃねーか!」って怒ったでしょ。
※ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツによるカバーでもよく知られる。

渋谷 音楽じゃないけど、最近だとSEALDsの人が作ったソニック・ユースのパロディTシャツも炎上してましたね。これも、「ああ、これ、パクリ問題になっちゃうんだあ……」って思っちゃいました。
※ソニック・ユースが1990年にリリースしたアルアバム『Goo』のジャケット。

樋口 ちょっと調べれば、過去にさんざんパロディされてるのもわかるのに。

渋谷 もう、「それっぽい」のは「何でもダメ」みたくなったら、ツライですよね。

「わかる人はわかってください」的パロディのおもしろさ

樋口 パロディの話になったからいうけど、渋谷さんの『カフェで~』で僕が本当に感銘を受けたのは、なんといってもこれですよ。


『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』P164-167

渋谷 土田世紀先生の『編集王』。これは「口の上手い売れっ子ライター/編集者に仕事も女もぜんぶ持ってかれる漫画 (MASH UP)」っていう短編なんですけど、編集ワナビーの男の子が主人公なのと、土田世紀先生リスペクトも込めて、ここは絶対に『編集王』とマッシュアップしたいと思って。「もう、音楽のマッシュアップのようにそのまんま使っちゃう、っていうのはどうだ?」と描いたんですけど、画力がなさすぎて、ぜんぜんそのまんまにならなくて(笑)。
※複数の楽曲を編集・同期再生し、ひとつの曲のように仕上げる手法(例:ザ・ビートルズのトラックにビースティ・ボーイズのラップを乗せる等)。

樋口 宮沢賢治の詩「春と修羅 第二集」が引用されている、『編集王』の伝説のエピソードですね。僕はこのページに衝撃を受けて、すぐ家人に読ませましたもん。まず『カフェで~』を読ませて、「これが元ネタだ!」って『編集王』のコミックス版14巻を引っ張り出してきて。

渋谷 描くほうとしては「マニアックだけど、わかる人はわかってください」みたいにおもしろがってるところもあるんですよね。『奥田民生に~』でいえば、この立ち食いそばとか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サブカルクソ野郎の仁義—樋口毅宏×渋谷直角

渋谷直角 /樋口毅宏

先ごろ『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』を出版したマンガ家・渋谷直角さんと、10月15日にフリッパーズ・ギターをモチーフにした小説『ドルフィン・ソングを救え!』を出版予定の作家・樋口毅宏さん。1975年生まれの...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

yuzumeets_an “渋谷 それこそフリッパーズ的な、「ロックであることが全然ロックじゃない」みたいな。 樋口 そう、告発ですよ。旧来のロックに対して、「いつまでそんなことやってんだお前ら」っていうふうに現れたふたりだったから" https://t.co/rMCRH8SlFy 3年以上前 replyretweetfavorite

gggggoto510ryot このタイミングでのフリッパーズ再結成は同意。いろいろ盛り上がると思う。 クソ野郎の仁義——樋口毅宏×渋谷直角cakes(ケイクス) https://t.co/BWr3dMOdbE 3年以上前 replyretweetfavorite

nijuusannmiri 「この対談の中の『元ネタ』はなんだろう」と探しながら読むのを楽しめる人なら。 3年以上前 replyretweetfavorite

Elis_ragiNa 「ライブで豚の臓物を客にぶちまける」とか、「ステージで裸になってガラスの破片の上を転げ回る」とか、「ユンボに乗ってライブハウスに突っ込んで」とかって言葉が普通に出てくるこの感じ、うぅ・・ってなる。 ▼ 3年以上前 replyretweetfavorite