パクリストの仁義は「EXILEになりたいボーイ」を救うのか

「優れた芸術家は真似る。偉大な芸術家は盗む」BYピカソ。サブカル大好きの小説家・樋口毅宏さんと漫画家・渋谷直角さんが今回語るのはパクリ問題。あのフリッパーズギターが、さまざまな楽曲をパクっていたのは有名ですが、タランティーノ、大瀧詠一も山下達郎も“みんなパクって大きくなった”とか。そして漫画の神様、藤子不二雄と手塚治虫にまで話はおよびます。パクリの仁義とはなんなのでしょうか。

パクリストほど枯れるのが早い?

樋口毅宏(以下、樋口) フリッパーズ・ギターは、小沢健二も小山田圭吾もすごいリスナー体質で、それこそモノクローム・セットからヘアカット100からアズテック・カメラからオレンジ・ジュースから、いろんな人からネタを拝借してるわけですよ。これって、あの当時は許されたかもしれないけど、いまはもういろいろと……。

渋谷直角(以下、渋谷) グレーゾーンですよね。



樋口 しかも限りなく黒に近いグレーだよね。元ネタをそのままサンプリングしすぎているから再発できない『ヘッド博士の世界塔』なんか、ビーチ・ボーイズ「God Only Knows」の音源から始まってるし。

渋谷 バッファロー・スプリングフィールドとかザ・モンキーズとかも入ってますよね。

樋口 アルマンド・トロヴァヨーリが作曲した、イタリア映画『セッソ・マット』のサントラとか、元ピンク・フロイドのシド・バレットの音源もそうだし。

渋谷 スライ&ザ・ファミリー・ストーンも。

樋口 ストーンズも突っ込んでるし。でも、彼らは自分の本当に好きなものからしかパクってないんですよ。

渋谷 はいはい。

樋口 でね、これは僕の自説なんですけど、パクリストほど枯れるのが早いんじゃないかって。

渋谷 フリッパーズは3枚しかアルバムを残してないですね。

樋口 解散後も、小沢も小山田(コーネリアス)もそれぞれソロであれだけ素晴らしい作品をリリースしてきたのに、あるときからピタッと活動が止まっちゃったでしょ。小山田なんか10年近くアルバム出してないし。

渋谷 『SENSUOUS』からそんなに経ちますか。
※2006年にリリースされたコーネリアスの5thアルバム。

樋口 ついでにいうと、「from Nakameguro to Everywhere」だったのが、中目黒から撤退しちゃって、いまや中目黒はEXILE帝国になっちゃった。いま小山田の目撃情報は、三軒茶屋の西友とかであったりするじゃないですか。
※コーネリアスが2002年よりスタートさせたワールドツアーのタイトル。2008年にDVD化。

渋谷 中目黒はもう、完全にそっちになりましたね。

樋口 僕は去年、ベン・ワット(元エヴリシング・バット・ザ・ガール)のライブで見かけた。というのはさておき、小沢も小山田も、そうやって好きなものしかパクれないから、早々にネタ切れするんじゃないかって思うんですよね。それは映画でも同じで、ほら、クエンティン・タランティーノがあと2作撮ったら引退するって公言したじゃないですか。

渋谷 えっ、そうなんですか?

樋口 うん。タランティーノは、たとえば『キル・ビル』だったら『修羅雪姫』をはじめ引用、オマージュ、パロディ満載でしょ。しかも彼は、それを隠さない。インタビューした町山智浩さんが言ってたけど、なにしろパクリシーンを撮影する前に、スタッフを集めて元ネタのDVDを見せて「いまからこれと同じの撮るから」って指示するくらいだから。なかには、M・ナイト・シャマランみたいに、パクリ元を隠す監督もいるけど。
※小池一夫原作、上村一夫作画のマンガ。1973年に公開された梶芽衣子主演の映画版がタランティーノに多大な影響を与えたといわれる。

渋谷 パクってないよ風な感じで。

樋口 で、そういう「パクリストほど早く枯れる」ということに最も自覚的だったのが、大瀧詠一だったんじゃないかと僕は思うんですよ。大瀧さんも代表作の『A LONG VACATION』が81年、次の『EACH TIME』が84年で、それから約30年間ニューアルバムを出さないまま逝去してしまった。大瀧さんも自身の膨大な音楽ストックの中からまんま、トレースレベルで引っ張ってきてるんだけど、やっぱり自分の好きなものからしか引用できないんですよ。

渋谷 へえー。ということは、樋口さんもそろそろ……(笑)?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
サブカルクソ野郎の仁義—樋口毅宏×渋谷直角

渋谷直角 /樋口毅宏

先ごろ『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』を出版したマンガ家・渋谷直角さんと、10月15日にフリッパーズ・ギターをモチーフにした小説『ドルフィン・ソングを救え!』を出版予定の作家・樋口毅宏さん。1975年生まれの...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

tantakahirotan2 https://t.co/06Q8HbS8pA 枯れるのが早いことが何が悪いのだろう。 4年弱前 replyretweetfavorite

consaba タランティーノ、大瀧詠一も山下達郎も“みんなパクって大きくなった”とか。そして漫画の神様、藤子不二雄と手塚治虫まで #ss954 約4年前 replyretweetfavorite

tksa4883 |サブカルクソ野郎の仁義|樋口毅宏 @higu_take /渋谷直角 @shibuyachokkaku |cakes(ケイクス) 「 約4年前 replyretweetfavorite

3am_op 樋口毅宏×渋谷直角の続き、公開されてた。 https://t.co/ASmEeykvoi 約4年前 replyretweetfavorite