北欧、暮らしの道具店 青木耕平「強大なマーケットに対して自由に意思決定なんてできない」

「北欧、暮らしの道具店」、クラシコムの代表取締役社長、青木耕平さんのインタビュー最終回。社内では仕事の見積もりを重要視し、仕事の密度を高めているという青木さん。また、毎回、最高のコンテンツを作ることではなく、5年、10年の単位で見たときに、「あのメディアっていいメディアだよね」と言われることをゴールに定めているそう。そのゴールを達成するために、会社としてどのような意思決定をしているのでしょうか。

見積もりを重要視すれば18時に帰宅できる

加藤貞顕(以下、加藤) ECサイトの運営にコンテンツ制作、リトルプレス、SNSでの展開、ジャム作りなどなど、これだけいろいろなことをやっていたら、クラシコムはさぞハードワークな会社だと思ってしまいがちですが、実は社員の帰社時間が早いそうですね。

青木耕平(以下、青木) 18時までに全員帰ることになっています。

加藤 朝は何時始業ですか?

青木 9時からですね。

加藤 社内の雰囲気を見ても鬼気迫る感じではありませんが、どうしてそんなことが可能なのでしょう?

青木 とにかく、やらなくていいことを徹底してやっていません。たぶん、ほとんどの仕事で、コミュニケーションロスで何度もやり直しが発生したり、無駄な待ち時間があったりすると思います。ウチはまず発注元と制作が同じ社内ですからコミュニケーションロスがありませんし、みんな何かを兼任しているので隙間の時間に必ず何かやることがあります。隙間でボーッとする時間がないので、社員に聞いてみると「超大変」だと言いますね(笑)。

加藤 仕事の密度が濃いんですね。ほかにはどのような取り組みがありますか?

青木 見積もりをすごく重要視しています。たとえば、「この案件やってほしいけど、どれくらいでできる?」という問いかけに対する返答や、上司が部下に対して「この仕事を、これぐらいの工数と期間でやりなさい」という指示が不確かだと、社内の生産性を奪ってしまいます。
 期間を短く見積もりすぎて、それを元に他が全部が動いているのに期日通りできあがらないのは良くありませんし、甘く見積もりすぎて手が空いてしまう人が出るのも良くありません。マネージャーがグリップできていないことが一番問題です。ウチの社内では、失敗はあまり責められませんが、見積もりの精度が甘いとかなり詰められます。

加藤 ただ、コンテンツに関しては「いいモノを作るには時間がかかるから、見積もりができない」という言い方もあると思います。一方、クラシコムでは正確に見積もった上で、しかもいいコンテンツを生み出している。それはどうやってクリアしているのでしょう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メディアビジネスの未来

cakes編集部

インターネットによって、さまざまな業態が変化する2015年のいま。メディアの形とビジネスの仕組みは、どのように変わるのか。cakesの3周年企画として、未来のメディアビジネスの形をつくろうとしているみなさんにお話を伺いました。シリーズ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

grape_ceo 失敗は責めないけど見積もりが甘いとダメというのは何気にシビアw... http://t.co/npsvvE5zTS 4年弱前 replyretweetfavorite

joyliss888 今日のはてブから 4年弱前 replyretweetfavorite

takahashi_set はてぶより(朝) 4年弱前 replyretweetfavorite

nffsjj #あとで読む #webマーケティング #メディア 4年弱前 replyretweetfavorite