激モテDK、世界の謎に巻き込まれる。

あの伝説的海外ドラマ『ツイン・ピークス』のクリエイター、マーク・フロストによるSF三部作《秘密同盟アライアンス》がハヤカワ文庫SFより絶賛発売中です。恋も謎も青春もてんこもりの本シリーズは本国アメリカで映画化も進行中! 本欄ではサマミヤアカザ氏の美麗なイラストとともに、シリーズのここまでをプレイバックします。

■今、英語圏で断然熱い学園YA

 映画化もされた『ハンガー・ゲーム』『メイズ・ランナー』など、現在の英語圏SFではYA(=ヤング・アダルト、いわゆる中高生向け小説)が花ざかり。大森望氏の連載「大森望の新SF観光局・cakes出張版」での「英語圏ライトノベルで“学園もの”大流行!?」を読めばおわかりになるとおり、なかでも学園を舞台にしたYA(=ヤングアダルト)が断然熱いのです。

 日本でも続々翻訳されていますが、どれから読めばいいかわからない……というあなたに、ぜひともご紹介したいのがこちらのシリーズです。

 本シリーズ《秘密同盟アライアンス》は三部作で、ハヤカワ文庫SFより現在2巻まで刊行中。著者のマーク・フロストは、なんとあの伝説的海外ドラマ『ツイン・ピークス』のクリエイターなのです! 映画化も進行中で、実現の折には著者みずから脚本&製作総指揮を手がけるとのこと。

 海外の出版社がブックトレーラー(本のPV)を制作していますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

■俺TUEEEE!!!!……けど、あんまりいいことばかりでもない

 本シリーズの主人公は彼、ウィル・ウェスト君。御年15歳のDK(男子高校生)です。


「ぼくが君のことをどれだけ知っているか、聞きたい?」

 ウィル君はその気になればめっちゃ速く走れるし、どれだけ走っても疲れない。しかもとんでもなく頭がいいというスーパーボーイ。けれども、パパとママからはその能力を隠すように厳命されて生きてきました。

 それがある日、うっかり気を抜いてテストで高得点を取ってしまってから、運命が変わりはじめます。優しかった母親は豹変、父親は失踪、おまけに謎の男に命を狙われはじめたウィル君は、逃げるように寄宿舎学校へ転校します。そこで出会ったのが、四人のルームメイトです。


「あたしはいつも、どうしようもない人ばっかり押しつけられるの」

 最初に出会ったのがブルック。金髪の巻き毛の美少女、通称「学園のミス・人気者」。


「このアジェイ・ジャニコウスキが、全面的に君の力になりましょう」

 彼はアジェイ。インドの移民の子どもでハカセ君的ポジション。コ○ンくんの少年探偵団でいうところの光彦くん。


「おまえ、すげぇいいやつだな。そう思わないか、エリース?」

  運動バカでデリカシーもないけど人一倍優しくて友情に厚いニック。作中での扱いはアレですが、女子人気が高いかも。


「本当の自分を見せるのよ。誰かを信じて。仮面をはずすの」

 クールな美女、エリース。クレオパトラみたい、と作中で言われるほど。ド直球のツンデレ。

 ……といったルームメイトと出会い、生まれて初めての友達(能力を隠すため、転校ばっかりだったんですね)ができたウィル。頭良くてスポーツできて、友達もできて、しかもかわいい女の子ふたりはなんか自分に気があるっぽい。めっちゃリア充じゃん! ……と言いたいところですが、どうやらそうでもないらしい。

 ウィル君はさっそく寮長の意地悪男ライルや、その腰巾着トッドに目をつけられてしまいます。彼らはなんと、校内の秘密組織“シャルルマーニュの騎士”の一員で、どうやらウィルを狙った謎の男たちとも関係していたようなのです。どうやら彼らは遺伝子にまつわる秘密計画にかかわっているらしい。

 そして、たびたび周辺で奇怪な事件が起こりはじめます。リア充してる場合じゃないよ、ウィル君!

■次第にあきらかになる、世界の謎

 たびたびウィル君の目の前に現れては謎のアドバイスをしてきた自称「ウィルの守護天使」デイヴ。デイヴにより、じつは彼の命を狙う男たちは地球を狙う“古き種族”の手先であり、ウィル君はそれと戦う“ヒエラルキー”の一員なのだ、と知らされます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

秘密同盟アライアンス』シリーズレビュウ

SFマガジン

あの伝説的海外ドラマ『ツイン・ピークス』のクリエイター、マーク・フロストによるSF三部作《秘密同盟アライアンス》が絶賛発売中です。恋も謎も青春もてんこもりの本シリーズは本国アメリカで映画化も進行中です。本欄では、シリーズのここまでをプ...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Hayakawashobo まずはSFMcakes版の更新から。そういえば、日記は……? 話題のSF×学園×ミステリ三部作を徹底プレビュー! 4年以上前 replyretweetfavorite

maniamariera 本日更新のSFマガジンcakes版では、マーク・フロスト 4年以上前 replyretweetfavorite