それでも僕は、外科医をやめない

いま、話したい「がん」のこと

昨今、芸能人の方の「がん」報道で、自分も「がん」になったら、どうしようと感じた方も多かったと思います。今回は、「がん」専門医という立場から雨月氏が、病気の検査発見におけるジレンマについてお話します。加えて、早期発見や予防に対してのみ目が注がれるいま、もっと大きなものにも目を向けるべきだと雨月氏は唱えます。


こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

残暑が足早に過ぎ、鈴虫のオスが求婚の鳴き声を聞かせてくれもの寂しい心地になる昨今、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は少し「がん」のお話をしたいと思います。私は実は「がん」を日常的に診療している専門家でもあります。

先日、川島なお美さんが「肝内胆管癌」でお亡くなりになり、北斗晶さんが「乳癌」で手術を受けられたという報道がありました。若い人は普段からあまり意識することのない「がん」。

このニュースを聞いた女友達から、「どっちのがんも、どうにか早く見つからなかったの?」と聞かれました。私は即答しました。

「無理だったと思う」と。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Barbara_Mass こじらせ男子ではない一面を初めてみた、メッツェンバウム次郎先生の医師としての顔 https://t.co/SXWsUJz9mT 2年以上前 replyretweetfavorite

masaki_kashiwa  医学は進歩してきているけど、ガンってまだ難しいとこあるんだなぁ 3年以上前 replyretweetfavorite

gogoferdinand Dr.メッツェンバウム。最後にちゃんと断りを入れてくれて。律儀な男やのう。https://t.co/z73rCOnVbK 3年以上前 replyretweetfavorite

bar_bossa すごく良い話! 3年以上前 replyretweetfavorite