いつも忙しさに追われる人は「刃を研げ!」

ドン・キホーテやジェイアイエヌ(JINS)の将来性に賭けて大成功し、4年連続、R&Iファンド大賞を受賞したファンドマネジャーの藤野英人さん。その藤野さんが、先行き不透明な未来でも結果を出す方法を大公開します。連載最後になる今回のテーマは、「時間を味方につける」。資産形成は5年以上、など実践的なテクニックが満載です。

投資家が大切にしている「時間」の感覚

時間は、もっとも大切な資源です。私は、「お金よりも、時間のほうが絶対に大切である」と信じています。

人生は有限です。人ひとりの一生は、長くても100年で終わります。たとえ1兆円のお金を持っていても、200年に延ばすことはできません。私の行動原理の中でも上位にあるのは、「時間を味方につける」ことです。投資をするときも、消費をするときも心がけているのは「時間が経つほど価値が上がるもの」に時間を使うことです。

「レオス・キャピタルワークス」という会社も、「ひふみ投信」という投資信託も、時間の経過とともにお客様が増え、信頼が獲得できる方法論を探しています。相場は上下動しますし、個別の会社は相場の影響を必ず受けます。

しかし、長期的には株価は収益に収斂していくので、着々と利益を積み上げていく会社へ投資をすれば、大きなリターンが期待できるはずです。

資産形成は5年以上かける

では、 あなたが投資信託で資産形成できていないとしたら、それは何が原因なのでしょうか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
投資バカの思考法

藤野英人

「25年間、私は『バカ』になって投資に全力を尽くしてきました。その経験とメソッドをこの本にすべて詰め込みます」 ――日本株ファンドの「ひふみ投信」で抜群の成績を残しているファンドマネージャーの藤野英人さん。投資のスキルをすべてのビジネ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kotobano2 投資バカの思考法 藤野英人 「 ①「かつての日本では、女の子が生まれると、庭に「桐の木」を2本植えたそうです。そして、その子が成人して嫁入りするときには、桐の木を使ってたんすをつくり、 約4年前 replyretweetfavorite

mo_omnb するとキコリは、『刃を研いでいる暇なんてない。切るだけで精一杯だ』と言い返した」 約4年前 replyretweetfavorite

NEWS_0 〝忙しさの原因は、時間がないからではなくて、「ボロボロの刃で仕事しているから」かもしれません〟〝たとえば、エクセルを学んでマクロを組めるようになれば、繰り返しの作業を自動化できます〟藤野英人http://t.co/S5nZ8lxoxo 約4年前 replyretweetfavorite

nazenazeboy "忙しさの原因は、時間がないからではなくて、「ボロボロの刃で仕事しているから」かもしれません。切れ味の良いノコギリを使えば作業がはかどるのに、刃を研ぐ時間を「惜しい」と思ってしまうのです" 約4年前 replyretweetfavorite