嫌な仕事を断れない!?かわいそうなウサギちゃん病【前編】

先輩からの仕事を毎回引き受けてしまう出来内陽太は、メリットのない残業に明け暮れる毎日を送っていました。「何で僕は先輩の仕事を断れないのだろう?」……出来内の胸のうちを聞いたずんずん先生は、その症状を「かわいそうなウサギちゃん病」だと診断します。はたしてその具体的な病状は? そこから抜け出す方法はあるのでしょうか? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で人気! ずんずんさんの連載です。

ここは東京西新宿。

屑谷先輩「おい、出来内」

陽太「あっ、はい!先輩!! なんでしょうか!」

今日も今日とて、医療器具メーカー「ドブ板メディカル株式会社」の三年目営業、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)は5歳年上の先輩、屑谷(くずたに)に顎でコキ使われていました。

屑谷先輩「明日朝、千葉の病院に納品行ってもらいたいんだけどいい?」

陽太「え? 千葉ってまさかあの銚子の病院ですか?」

屑谷先輩「そうそう」

陽太「えっ、でもそれ先輩が担当で……」

屑谷先輩「あ?」

陽太がしどろもどろしていると、屑谷先輩はぎろりとにらみました。

屑谷先輩「このさ、病院はさ。俺が新卒の頃から担当してるの。本当だったら出来内が入社した時に、お前に担当替えてもらってもよかったんだよ?」

陽太「あ、い、いや……」

屑谷先輩「お前が手が回らないと思って俺が担当してるんだから手伝ってくれてもよくない?」

陽太「は、はあ……」

屑谷先輩「俺はね、明日午前中は医大の方で先生たちに新製品の説明しなきゃいけないの。出来内はさ、それができないから納品ばっかり担当させられてるんじゃないの? 商品が売れないんだったら、仕事選ぶべきじゃないよね」

陽太「……は、はい……」

屑谷先輩「じゃあよろしくね。あと、この伝票処理お願いね」

陽太「ええええ? は……はいぃぃぃ……」

屑谷先輩にまくしたてられて、陽太は涙目になりながら、書類の束をどさっと受け取ったのでした……。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Dr.ずんずんの社会人お悩みクリニック

ずんずん

自分の会社に不満を抱えている青年、出来内陽太(デキナイ・ヨウタ)。「こんな会社もうやめたい」と日々愚痴っている陽太の前に現れたのは、「産業メンヘラ医」を名乗る謎の女で……!? グローバル企業の実態をおかしく描いた『外資系はつらいよ』で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

o3o3 「“悪意の達人”という者が人間には必ずいるわ。この手のタイプは相手の罪悪感に付け込むの」→ 4年以上前 replyretweetfavorite

hage_69 うさぎちゃんです! 4年以上前 replyretweetfavorite

DrqYuto "相手の自尊心までも削り落としていく、これが悪意の達人の怖い所" 4年以上前 replyretweetfavorite

andou0725 業務をこなすのはそっちのけで、マウンティングに夢中になるタイプの人って一定数いるよねえ… 4年以上前 replyretweetfavorite