vol.2 マッキンゼーとお笑いは、とてもよく似ている

東大工学部から東大院へと進み、世界有数のコンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社した石井てる美さん。年収1億円超も夢ではない順風満帆なエリートコースを歩むかに見えましたが、突如、何のつてもない芸人という道を志願します。異色の経歴を持つお笑いタレントの半生をたどるインタビュー、後編をお届けします。(構成:武田 純子)

車にひかれて死にたかったんです

—マッキンゼー入社後、順風満帆な仕事ぶりに見えた石井さんですが(前回参照)、その後のプロジェクトで何があったんでしょう?

石井てる美(以下、石井) 私が入社した2008年の夏以降、リーマンショックの影響でクライアントプロジェクトが減ってしまったんです。それで、コンサルタントとしての自分の実績や評価には直接つながらない、社内の調査プロジェクトに夏からアサインされました。

 クライアントプロジェクト自体が減ってるとはいえ、常にフルで走ってなきゃいけない雰囲気の中で、小休止みたいな作業が続くから、すごく不安になるんです。その後、そのプロジェクトから先輩が抜けて私一人だけになって、ほとんどやることもなくて。でも上司になんだかんだと引き伸ばされて、年明けまでほぼ何もしない状態が続いたんです。

—バリバリ働きたい時期に、それはつらいですね。

石井 上司には何度も相談していたんですが、聞き入れてもらえませんでした。人事担当者には「社内プロジェクトにさえ入れない人がいるのに、あなただけ別のクライアントプロジェクトに入れるわけにはいかない」と言われて。

 年末の忘年会で、私たち新入社員はマイケル・ジャクソンの「スリラー」を演じる余興をしたんです。私がマイケルの恰好をして、みんながゾンビ役になって。それで次の日から社内で「マイケル!」って呼ばれて一躍有名になったんですけど、相変わらずどのプロジェクトからもぜんぜん声がかかりませんでした(笑)。

—その辺はやはりみなさん、割り切っているんですね(笑)。

石井 年明けにやっとそのプロジェクトから抜けることができて、別のクライアントプロジェクトにアサインされたんです。一所懸命がんばろうと思ったんですけど、今度は上司の仕事の進め方や考え方がどうしても合わなくて、すっかりまいってしまって。毎日憂鬱で死にたくて、朝起きるたびに「出勤途中の私を車がひいてくれないかな」と本気で考えるようになったんです。

—そんなに思いつめたんですか。

石井 思いつめちゃいましたね。今から思えば、プロジェクトを抜ける方法はいくらでもあったのに、私は何もせずひたすら耐えていました。

—どうしてですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
芸人にならない理由がなかった—マッキンゼー出身お笑い芸人・石井てる美さんインタビュー

石井てる美 /cakes編集部

東大工学部から東大院に進学し、院生時代には学内賞を受賞して世界有数のコンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。あまたいる芸人の中でも突出した異色の経歴を持つ、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いタレント・石井てる...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

3839Ay コンサルタントは、クライアントを導くためには「AかBのどっちかですよ」っていうフワフワした言い方じゃなく、「Aです」と力強く断言することが大切です。https://t.co/9qKLgTvZym 3年以上前 replyretweetfavorite

ayumi_ark 違うと一緒は紙一重。触れてみればそこに気づけるから違う世界を否定しちゃいけないって改めて実感 4年弱前 replyretweetfavorite

ikojun "いったん死んだものとして、本当にやりたかったことをやろうと考えたら、芸人をやらない理由が見当たらなくなってきたんです。" http://t.co/8sgxa8iPhn 約5年前 replyretweetfavorite

ushisantoasobu すごいな・・・芸人応援する側として頑張ってほしい! 5年以上前 replyretweetfavorite