それでも僕は、外科医をやめない

病院の中心で、痩せたいとさけぶ  ~医者だけが知っているダイエット〜Vol.1

馬肥ゆる秋、食べ物が美味しい季節。でも、やっぱり気になるのはカロリーや体重のこと……。現代人を悩ます肥満は、数々の生活習慣病の原因ともなるので、医者として雨月氏が今回から2回シリーズで〜医者だけが知ってるダイエット〜と題して、ダイエットについて論じます。しかし、そこは少し変わった雨月氏のこと、具体的なダイエット方法を論じるよりも先に、なぜダイエットするのか、という大命題から解き明かします……。


こんにちは、ベテランダイエッターの雨月メッツェンバウム次郎です。

秋も日に日に深まり、和食が美味しい季節になりました。

旬のものである秋刀魚の塩焼き、松茸の土瓶蒸し、月見バーガーはもういただいたでしょうか。「焼きキットカット スイートポテト味」なんかも季節を感じさせますね。

食欲が旺盛になりすぎて少々目方が増えてしまった私は、ダイエットを始めました。今回は全2回シリーズとして臨床医という立場から見た、医学的なダイエットのお話を致しましょう。特に私は消化器という「食べる」臓器に関するスペシャリストでもあります。ダイエッターとしてもベテランで、すでにぐんぐん痩せつつあります。

この全2回のシリーズでは、

① なぜダイエットをするのか?

② 「myダイエット」のすすめ

③ 「30年ダイエット」のすすめ

についてお話します。

今回は

① なぜダイエットをするのか?

についてお話します。

結論は、

なぜダイエットをするのか? →→→ 健康的に美しくなりたいから

そしてその目標体重は?   →→→ BMI=22の体重

です。順を追っていきましょう。

まず巷のダイエット論をざっと見てみると、こんな言葉が並んでいます。

「カンタン」「ラクチン」「絶対美尻」「無理なくおいしい」「最強の」「転職者の約8割が」「なんで私が東大に!?」

など、とっても楽そうで魅力的なキャッチコピーが並んでいますね。飛びつきたくなります。

しかし、医師として断言しますが、ダイエットに王道はありません。何か一つのことをしたら痩せた、というのはほとんどの場合がたまたまで、いろんな人へ応用がききませんし長続きしませんから。

さて、前述の「なぜダイエットをするのか」の答えとして挙げたこの二つ。

一、 美しくなってモテたいから

二、 健康になりたいから

まずは

一、 美しくなってモテたいから

について。

これは主に女性が強く思う動機だと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

masaki_kashiwa 次回が気になる。BMIを22に下げたいでござる。 3年以上前 replyretweetfavorite

titesu 痩せすぎイクナイ 3年以上前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 病院の中心で、痩せたいとさけぶ ~医者だけが知っているダイエット〜Vol.1 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro https://t.co/opNkwhTd0P 177cmの武幸四郎騎手がハンデ49kgで騎乗した時はビビッた。鞍の重さ引くと47kg、BMI=15だ…。 3年以上前 replyretweetfavorite

416rpm https://t.co/X16Bnc1H0t 内容もだけど「こんなところで写真撮ったりできるんだ!」というアイキャッチ画像を毎週楽しみにしてます 3年以上前 replyretweetfavorite