塩谷瞬×栂野眞二ー特別対談【後編】「できることをやるしかない!」

グルメ雑誌で「東京No.1のカレーうどん」と認められる名店「JAZZ KEIRIN」という異色の創作うどん屋の店主・栂野眞二さんはうどん屋を開くまで、世界を放浪し、最貧国のひとつであるネパールで、日本語教師として暮 らしていたこともあります。ボランティアとしてネパールの支援活動を続け、ネパールの親善大使としての活動を続けられている、俳優の塩谷瞬さんとの特別対談の後編をお送りします。


日本の存在感は、今、世界で薄くなりつつある。

栂野眞二さん(以下、栂野): 塩谷さんは目的を持って、世界中を旅して歩いていますよね。大震災の後、塩谷さんはネパールに行かれてます。どうでした?

僕の本の重要な舞台のひとつにもなっているんだけど、ネパールのパタンという街で暮らしていたんですよ。ちょうどネパールの民主化革命のときで、大変でした。

塩谷瞬さん(以下、塩谷): 僕は震災後の6月にカトマンズから入って、バクタプールに行って、その他にも被害のひどかったところをいくつか回って、それからパタンにも行きました。

栂野: あ、パタンにも行きましたか。どんな様子でしたか?

塩谷: パタンの被害も大変でした。でも日本とちょっと似ていて、暴動も起きず、みんなで支え合っている感じが印象的でした。ネパールの人達って本当にすごくいい人達ですよね。

栂野: ネパールの人は、ちょっと信じられないくらい、本当に親切な人達ですね。ただ、パタンの友人から僕のところに来たメールだと、震災後に、略奪ではないかもしれれないけど、住めなくなっている家から物が盗られたりしているということでした。大変なことがあって追い詰められれば、人はそうなっちゃうんだなあと思いました。

塩谷: 災害があった直後、今が大切なんですよ。東日本大震災後の東北でもそうでした。日本でもあまり知られていないですが、組織立った強盗団がナイフとか持って被災地に押しかけて、金目のものや金庫を盗っていってしまったりということがあったんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
タワシ王子の人生ゲーム

栂野眞二

都内で「JAZZ競輪」という異色のうどん屋を経営する栂野眞二氏。海外で起業し、「タワシ王子」と呼ばれるほど大成功したものの、その生活を捨てて競輪の旅打ちへ・・・そしてはじめた創作うどん屋の大繁盛。普通の人の何倍分もスリリングで濃密な人...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません