それでも僕は、外科医をやめない

最後の恋のはじめかた〜こじらせ男子座談会より愛を込めて〜

永遠に変わらない恋というのは矛盾した言葉だ。恋という字は心が変わるという意味なのだから。今回の雨月先生は、「最後の恋のはじめかた」と題して、結婚に向けて、独身こじらせ男子の心中にどのような思いが渦巻くかを赤裸裸に吐露してくれています。


こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

いつものように私は日中に2件の手術を終え、白衣を脱いで友人宅へ向かいました。私の愛すべき友人たち、アラサーからミドサーにかけての独身こじらせ男子たちと、雨の夜に結婚話をするためです。いつものように女性たちが「明日早いので」とサッサと帰宅したのちに始まった、深夜の「こじらせサミット」。いや、「こじらせ7」「こじらせ王座決定戦」「こじらせて、夏」か。

以前書いたエッセイ「こじらせ男子が考える、結婚相手の選び方」で、私たち独身こじらせ男子は結局のところ

結婚相手を選ぶとき、好みが合う人よりも、嫌いなことが合う人にしよう」なんて結論に達したのでした。

それはいいのですが、こじらせ男子たちはいまだ彼女もいない状況。年齢的なものを考えて、例えば今34歳だと、1,2年付き合ってから結婚するとしても、やっぱり次に付き合う子が最後の彼女なんだろう、というタイミングなんです。相手の年齢のこともあるし、子供の運動会のリレーでアキレス腱を切りたくはないし。

次の恋が、最後の恋。

そう思うだけで、もうとってもみんな慎重でchicken。ハイスペックで見た目も結構かっこいいし話も面白く、出会いだってお互い供給し合っているからそれなりにある。いわゆる「飲み会」で出会った子を食事に誘うということまでは日常的にしているのに、そこから先に進めない。「最後の恋のはじめかた」がわからない。

で、普通(?)なら2、3回会って食事して告白するか、もう終わるかという感じじゃないですか、相場で言えば。だけれど、「最後の恋」を探している彼らは、なかなかそうはいかないみたいで……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kanme225 最近、求人の相談を受けました。 20代は気が会う相性が会う人を選ぶ事を推薦していましたが、 30代からは自分にないものできないもの相性が合わない人を選ぶ事を推薦しています。... https://t.co/GLdztG3g64 3年弱前 replyretweetfavorite

pepbarca →ドラマじゃないが、これは「最後から2番目の恋」だと思ってるくらいがちょうどよい、気がする。 3年弱前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro https://t.co/Ly8C5kcHDk 「最後の恋の始め方」=「永遠の愛のあきらめ方」 最後の最高の恋人でいさせて https://t.co/z8EyoTjoC3 3年弱前 replyretweetfavorite