SmartNews藤村厚夫「メディアの持つ世界観は永続可能なのか?」

ニュース閲覧アプリ「SmartNews」の執行役員である藤村厚夫さんのインタビュー最終回。今の読者は「メディアが提供する充実した世界観を楽しみたい」、「モバイルでこの瞬間、快適にコンテンツを楽しみたい」という2つの価値観を持っているという藤村さん。そうした環境の中、あくまでも読者の満足度に軸足をおきながら、お金の欲望にまみれないよう、その上でビジネスモデルを模索するSmartNews のビジョンとはどのようなものなのでしょうか。

「充実したメディアの世界観」VS「快適なモバイルでの閲覧体験」

加藤 SmartNewsのダウンロード数は莫大な数になって、読者とコンテンツをマッチングする場として力を持った。とてもすごいことだと思います。でも、ちょっと懸念があるんです。

藤村 なんでしょう。

加藤 Yahoo!のニュースも似てますが、SmartNewsのようなコンテンツを集約する場所が力を持てば持つほど、メディアごとの世界観がなくなってしまうということはありませんか?

藤村 ああ、それは難しい問題です。

加藤 メディアというのは、それぞれの個性や世界観を活かしたまま、コンテンツを出していきたいものだと思うんです。たとえば、『Number』『GQ』『VOGUE』、などは、自分たちの世界観にものすごくこだわってサイト全体で作っています。
 これを集約してしまうと、メディアの個性を台無しにして、ただの個別の情報にしてしまう危険性がありますよね。

藤村 とても興味深いし、本当に重要なテーマだと思います。まず、ぼくたちは媒体単位でのチャンネルの作り方も提案しています。「チャンネルプラス」と呼びますが、そこは一つの媒体が持っているコンテンツで占められますので、その媒体のブランドに沿った見方をご提供できます。
 ただ、SmartNewsの小さな画面では、世界観みたいなものを出すには足りないかもしれません。もう少しぼくらが考えていることを言うと、読者は二つの価値観を持っていると思うんです。

加藤 読者の価値観ですか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メディアビジネスの未来

cakes編集部

インターネットによって、さまざまな業態が変化する2015年のいま。メディアの形とビジネスの仕組みは、どのように変わるのか。cakesの3周年企画として、未来のメディアビジネスの形をつくろうとしているみなさんにお話を伺いました。シリーズ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

k_sato_oo 読者の二つの価値観:「メディアが提供する充実した世界観を楽しみたい」「モバイルでこの瞬間、快適にコンテンツを楽しみたい」 3年以上前 replyretweetfavorite

kknmsm コンテンツをアンバンドルしたときの影響についてあれこれ考えていたので興味深く拝読。快適な閲覧体験の提供という一つの答え。 3年以上前 replyretweetfavorite

shigekixs 共有し忘れてた 3年以上前 replyretweetfavorite

lab_life 次は青木さん 3年以上前 replyretweetfavorite