ライフスタイルジョブ」という選択

日本とは異なり個人主義が徹底している英語圏。そのため英語圏では、「ライフスタイルジョブ」を選択する人が多いそうです。「ライフスタイルジョブ」とはどういう仕事なのか? 具体的なライフスタイルジョブの3分類と、その特徴をあげていきます。

ライフスタイルジョブという生き方

英語圏では「ライフスタイルジョブ」という言葉があります。これはその名の通り、仕事自体がその人のライフスタイル=生き方、と言える仕事のことを指します。

ライフスタイルジョブを選ぶ人には、大きく分けて3つのグループがあります。

まず1つめは、お金のことにこだわらず、自分のやりたいことをやりたい人達。このような人達の多くは、お金を稼ごうと思って働いてないので、それほどお金は持っていません。しかし、お金や地位といった、世俗的な者に対する執着があまりなく、それ以外に、何か自分が好きなことや、入れ込む対象があります。時にはビジネスが成功し、利益にはこだわりがなかったのにも関わらず、大金持ちになってしまうこともあります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

キャリアポルノなんて読んでる場合じゃない! May_Romaが語る、新しいキャリア論発売です。

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_tocci 例えば、イギリスのハードロックバンドであるMotörheadのリーダーであるレミー・キルミスター氏は、さまざまなバンドをクビになってしまったため、自分でバンドを結成し、事業として運営しています。https://t.co/4YnIBIBCKd 4ヶ月前 replyretweetfavorite

a_tocci このグループには、「会社に努める」「誰かに雇われる」ことが合わなかったので、自分のライフスタイルに合わせたビジネスを始めた人達も含みます。 https://t.co/4YnIBIBCKd 4ヶ月前 replyretweetfavorite

chatnoirbleu それでこういう記事を再び読んでるわけですが、これでいくと、私は2つめのグループなわけです。マイノリティや障害/疾病(家族の障害/疾病も)を持つ人も、もれなくこれかと。 2年弱前 replyretweetfavorite

lalahearttwit  メイロマさんが真面目に書く記事、いいね。英国の個人主義の徹底、自分のライフスタイルにあった仕事の選択の具体例。 2年弱前 replyretweetfavorite