夏目漱石「坊っちゃん」を10ページくらいの漫画で読む

夏目漱石の『坊っちゃん』は「田舎に赴任した中学教師が生徒から嫌がらせをされたり教頭を殴りに行ったりする話」です。太宰、芥川、漱石、鴎外、カフカ、トルストイ…… 誰もが知ってる有名すぎる名作を、某妖怪マンガの巨匠のタッチで「だいたい10ページくらいの漫画」にまとめると、なんだかビミョーに笑える感じになりました。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
有名文学を10ページくらいの漫画で読む。

ドリヤス工場

太宰、芥川、漱石、鴎外、カフカ、トルストイ…… 誰もが知る名作を「だいたい10ページくらいの漫画」にまとめました。 敷居が高くて手が出せずにいたあの名作も、教科書で読んだけど内容を忘れてしまった傑作も、ストーリーを忠実に再現しつつ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kiq 改めて漫画で読むとひでー話というか戦前ってカジュアルに大人が暴力ふるって怖いな 6年以上前 replyretweetfavorite

abm こんな話だったのか 6年以上前 replyretweetfavorite

ddndeu こないだこれの人間失格を読んで、ハーっ!おもしろいなあ!水木先生さすがだなあ!って思ったんだけどよく読んだら「水木先生タッチ」って書いてあった。 6年以上前 replyretweetfavorite

ushisantoasobu この漫画楽しそう 6年以上前 replyretweetfavorite