それでも僕は、外科医をやめない

ハブ女子よ、君はいったい何がしたいのだ

今回の雨月氏は、ある女子のどうしようもない性(さが)について論じています。ある女子にとって、それは人生の重大な業務と位置づけられ、それを妨げられたとしたら人生の業務妨害だといって抗議します。あなたの周りにハブ女子はいませんか?


こんにちは、外科医の雨月メッツェンバウム次郎です。

先日、友人(大手メディア系独身こじらせ男子・35歳)と飲んでいたら、「先生、ハブ女子って知ってる?俺ね、ハブ女子を見つけるのが本当に得意なんだよ」なんて言われました。

「ハブ女子」?

あの、南国の島にいて、噛まれると大急ぎで血清をうたないとハブ毒で危なくなるけど、捕まえて役所に持って行くと1万円貰えるアレ?噛んだオトコは必ず死に至らしめるような……。

ではなくって、「ハブ空港」とかのハブでした。

要するに、その子から色んな女子にリンク出来るような女子のこと。

たくさん美女を紹介してくれる、ブローカーみたいな子のことです。「幹事キャラ」といってもいいかも。

考えてみると、「ハブ女子」私の周りにも何人かいるなあ。

そこで今回はこの「ハブ女子」を研究してみたいと思います。ずっと前から気になっていたんです。

「ハブ女子」って、だいたいが結構な美人さんです。そりゃ美女の友達をたくさん持っているんですから当然です。

でもね、ご想像通り、彼氏がいない。人の恋愛を成就させるのは上手なのに、自分の恋愛はなんだかさっぱり。そして、仕事はみなバリバリやっている。ハブ女子はだいたい共通してそんな特徴がある。

では、なぜハブ女子はブローカーみたいなことをするのだろうか。周りに美女をストックすることで相対的に自分の価値も引き上げようとしているのか?その病理を詳しく迫ってみたい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それでも僕は、外科医をやめない

雨月メッツェンバウム次郎

高学歴エリート集団だと思われがちな外科医の世界は、実は、毎日人を切り刻んでる特殊な世界です。現役医師が語る外科医の世界は、とっても不思議な世界。毎日、さまざまな患者さんと接し、手術をするなかで感じたことを、ありのままに語ります。not...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yukiozawa |それでも僕は、外科医をやめない|雨月メッツェンバウム次郎 @ugetsujiro |cakes(ケイクス) 「世話したい欲」を持った人々についての話ではこちらも興味深い https://t.co/fxy7HYOP13 約4年前 replyretweetfavorite

MiUKi_None わかる。私も若干ハブの気がある。 約4年前 replyretweetfavorite

sizukanarudon 雨月メッツェンバウム次郎@ugetsujiro https://t.co/wXYg9WUXy5 村八分(むらハちブ)にされて、省(ハブ)かれた結婚できないハブ女子なら僕の周りにもいるけど、たくさん美女を紹介してくれるハブ女子はいない…(笑) 約4年前 replyretweetfavorite

a_ogo なんか、分かる気がする。 約4年前 replyretweetfavorite