​将来への恐怖の本質は、自己否定である

27歳独身。彼女なし。そこそこの大学を出て、つぶしの効かない仕事をしている自分が、紳士から教わったのは、まったく聞いたこともない新しい成功法則だった――。
紳士の最後の授業は、世の中でもっとも大事なこと「貢献意識(コントリビューション)」と「自己否定」から生まれる恐怖に立ち向かう勇気の話だった。

僕は紳士に、大学のキャンパスに来るように言われた最初に彼に出会ってからもう半年がたつ。
“外回り”とホワイトボードにしれっと書いて、僕は会社を抜け出し、ある大学へと向かった。そこは、この国の最高峰とされている大学。もちろんキャンパスに足を踏 み入れるのは初めてだった。

平日の昼、学生達は思い思いにキャンパスで過ごしている。社会人になってみると、改めて大学内の自由な時間をうらやましく思う。今僕はスーツを着ている。明ら かに大学生には見えない。しかし、周りの学生達はさほど気にもとめていないようだ。
その時、僕は紳士に声をかけられた。

「ようこそ、我が母校へ」
「こんにちは」
「さて、お茶でも飲みながら話そうかな」と紳士は、学食へと僕を案内した。

手慣れた感じで、厨房にコーヒーを注文する。白い割烹着を着たおばちゃんが、コーヒーとチーズケーキを出してくれる。そのアンバランスな風景が実に学食といった感じだ。
テーブルにつき、コーヒーを一口飲む。

「あの、先ほど母校とおっしゃっていましたが?」
「あぁ、そうだね。随分歳をとってから、大学院を出たんだ。若い頃は仕事に忙しくてね」 「そうなんですか」
「さて、今日はなんでこの場所を選んだのか」
「あなたの母校自慢……ではないですよね」
僕は周りを見渡す。
「学生を見よと?」
「そうだ、今日は君を含む、若い人に対してのメッセージを残そうと思ってね。それ には、ここがぴったりだろう」

ハーバードでも、社会人としても求められる「貢献意識」

「社会人と学生の違いはたった1つしかない。それは何かな?」
「学生は自由で、社会人は不自由、ですか?」
「そうかな? 不自由なはずの君が、この時間にここでチーズケーキを食べることができるのは、随分自由だと思うけどね」
「あぁ、そうか」
「しかし、君は会社に戻らなければならないし、今急な電話がかかってくれば、即対応しなければならない」
「そうです」
「学生は、自分のことだけ考えていればいい。社会人は他人のことを考える必要がある。つまり貢献意識があるかどうかだ」
「貢献意識……」
「コントリビューション・マインドという。他人に対して価値を出す、貢献するのが、社会人だ。しかし、それを理解している学生は少ない。だから、就職や仕事には スキルが必要だと思ってしまっている」
「でも実際そうなんじゃないですか?」
「知識やスキルが就職に必要なんてことはまったくない」
「まったく?」
「ない。必要なのは貢献意識だ。ここにいる学生達は、お客様マインドで生きてい る。学生は教えてもらう気分で授業に出ているんだ。君もそうじゃなかったかい?」
「はい、確かに」
「でも社会人は違う。もし社会人が授業に出たら、どうその授業に自分が貢献できるかを考える。生産的な発言や提案をする。今の君がそうだ。君は今ただ単に私の話を聞いているだけじゃない」
「そうですね!」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと

山口揚平

27歳独身。彼女なし。そこそこの大学を出て、つぶしの効かない仕事をしている自分が、紳士から教わったのは、まったく聞いたこともない新しい成功法則だった――。「学び方を学べ」「才能は幻想。すべては技術だ」「必要なことはすべて調達できる」「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sshojiro 将来への恐怖の本質は、自己否定である| 2年以上前 replyretweetfavorite

__comfort__ 将来への恐怖の本質は、自己否定である| 4年弱前 replyretweetfavorite

metama_ 「学生は授業への貢献が求められている。その意識がないなら来るな、というスタンスだ。だから授業が、学校全体が盛り上がり切磋琢磨する。会社もそうだ」|山口揚平 @yamaguchiyohei |cakes(ケイクス) https://t.co/2ofQdhl1Am 約4年前 replyretweetfavorite

tamura_jp 外と内の摩 擦、恐怖と向き合い、受け入れる過程が本当の自己を取り戻すために必要なプロセスなのだ。/将来への恐怖の本質は、自己否定である|山口揚平 @yamaguchiyohei |cakes(ケイクス) https://t.co/OWUm5r07mj 約4年前 replyretweetfavorite