フランス初の同性婚をした男性に、死体画像が送りつけられた事件

先週、この連載「女と結婚した女だけど質問ある?」をお休みした牧村朝子さん。実はある事件がきっかけで、11日間、文章を執筆する気力がない状況にありました。その事件こそが、フランス初の法的な同性婚をした男性活動家に、死体画像が送りつけられたというもの。しかしそれは、この事件の犯人に対して怒りを覚えたから、ではありません。牧村さんに、現在の複雑な心境をつづっていただきました。

真っ白なWordの画面を前に、なんにも書けなかった。

先週は、もう出来ていた原稿しか納品できず、29,000円稼ぐのが精いっぱいだった。

私は、フランス人女性とフランスの法律で結婚し、ふたりで暮らしている日本人女性である。妻は編集者で、私は文筆家だ。婦妻の共同名義で買った我が家で、丸テーブルにパソコンを乗せて原稿を書いている。今夜は妻と故郷に帰る。義父母と猫が待っている。

こんな結婚生活を私たちは、別段“同性婚”だとは思っていない。それは、たとえば“異人種間結婚”“格差婚”“できちゃった婚”などという言葉を、結婚生活を送る本人たちが名乗らなくても周囲の人々が使っているという構図に似ている。

別段、構わない。誰になんと表現されようが、妻と私は変わらない。ただ、時々、思い知らされる。私たちのような結婚のかたちを、良くも悪くも“結婚”ではなく“同性婚”として見ている誰かのその視線を。たとえば8月27日、フランスで初めて“同性婚”をした男性のツイッターアカウントに対し、ある画像が送られた。

画像部分が塗りつぶされているのは、編集さんのミスではない。あまりにもショッキングな内容なのであえて伏せている。というのも、その画像というのは、上半身裸にされ、胴体を切り裂かれた男性の死体画像だったからだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hope_720 「みんながみんな、違うのに」になんだかとても感じ入った ◎ 4年弱前 replyretweetfavorite

3839Ay まータイトルからは想像できない中身。読む価値アリ。 4年弱前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 「なんでそんなに悪と戦いたいんだ。自分と違うやつを『こいつが悪だ!』ってぶっ殺し続けていたら、誰より一番殺したやつがぽつんと残るだけなのに。」 ▼ https://t.co/hK5Bx8YfsV 4年弱前 replyretweetfavorite

mametaro_u ↑この記事のことなんですけど。これ、同性愛差別以外のことにも当てはまるなあ…と。 4年弱前 replyretweetfavorite