世界への扉「日経GLOBAL GATE」

プータローがアフリカで年商300億円、その驚きの起業術

世界的視野で自分の可能性を追求しようという人を応援する“スマホで読む”デジタルマガジン『日経GLOBAL GATE』のcakes特別編。今回は、アフリカで中古車販売を始め、今や年商300億円を稼ぎ出すという、“元プータロ”こと金城拓真さんのはみ出し人生を紹介します。

弱冠33歳にしてアフリカで50もの会社を経営し、年商300億円を稼ぎ出す日本人実業家がいる。沖縄出身の金城拓真さんだ。前身は、「プータロー」。商売敵に命を狙われ、無実の罪で刑務所に放り込まれ……。25歳でアフリカに渡りすでに8年もたつというのに、英語もスワヒリ語も話せない。奇想天外な事実が続々。はみ出すにもほどがある。

“落ちこぼれ”が数千万円を手に!

金城さんの高校時代の目標は公務員になること。理由は「定時に帰れるから」だった。

「でも落ちこぼれだったので国立大学には入れず、私立大学に行く金銭的余裕もない。日本には、安くて、自分の学力でも入れる大学がなかった。そうしたら、おとなりの韓国にあった。だから韓国の大学に入りました」

そして始まった学生生活。韓国語での日常会話は何とかこなせたが、学友は多国籍。共通言語である英語はほとんど話せないので、通訳ができる仲間に常に“おんぶに抱っこ”。この学生時代に、韓国の中古車をアフリカのアンゴラで売るビジネスを始めた。

「たまたま、グルジア人の友だちから、叔父さんの手伝いで韓国車をグルジアに売ったらいい金になったという話を聞いたからです。だからほかの友人と、“オレたちにもできそうじゃん?”という感覚で始めました」

メンバーは金城さんと1学年下の日本人、そして2人のアンゴラ人。4人の学生仲間で始めた中古車ビジネス。これが当たった。2年半後に金城さんの卒業に伴って解散したが、そのころにはそれぞれが、数千万円のお金を手にするまでになっていた。

プータロー、アフリカへ

ところが、中古車ビジネスにすっかりかまけ、公務員試験の受験も就活もせずに大学を卒業して帰国。気がつけば、25歳のプータローだった。お金には困らなかったのでぶらぶら過ごすうち、翌年、韓国でのビジネス仲間だった後輩が帰国。その後輩も就職の失敗組だ。日本で再会した2人のプータローの頭に蘇ったのは、学生時代の甘い記憶……。

「何もやることがないし、またアフリカで車でも売ろうか……という感じで、改めて中古車ビジネスをやろうと思ったんです」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
世界への扉「日経GLOBAL GATE」

日経GLOBAL GATE編集部

『日経GLOBAL GATE』は世界的視野で自分の可能性を追求しようという人を応援する“スマホで読む”デジタルマガジン。海外で成功を目指す日本人のリアルな姿を描き出すほか、世界で生きていくのに必要な知識と教養、英語の苦手意識を克服する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mas1810 おもろいw色んな人おるなー 約1年前 replyretweetfavorite

nishinojunji ローリングストーンってこういうこと? https://t.co/dNewFiMd1x なんていうか企業術には驚きはなくて、その運のよさに驚く。 でも多分、ほんとは同じくらいの運を誰でも持ってる気はする。 1年以上前 replyretweetfavorite

Peirce39 韓国の大学→ニート→アフリカで中古車販売 「弱冠33歳にしてアフリカで50もの会社を経営し、年商300億円を稼ぎ出す日本人実業家がいる。沖縄出身の金城拓真さんだ」 https://t.co/T5WN0CGJbn 1年以上前 replyretweetfavorite

atsushiwatarai ようこんな人見つけてくるわ 1年以上前 replyretweetfavorite