メディアの監視も手の中で転がす! テイラー・スウィフトの余裕に学ぶ

メディアの追跡やファンからの視線から逃れられないのはスターの宿命。世界の歌姫テイラー・スウィフトは世界中から賛辞、批判、好奇心の的になっている、ゴシップ記事の常連です。恨みつらみを言いたいだろう状況の中、彼女はどう対処してきたのか? SNS世代のスーパースターの処世術に、わたしたちも学ぶことがありそうです。

おへそも狙うパパラッチの目なんか気にしていられないっ!!

テイラー・スウィフトは今年の2月、自身のインスタグラムアカウントの4500万人のフォロワーに向けて、ビキニ姿を公開した。友人とハワイに行ったときの写真だという。彼女はこれまでお腹周りの露出を避け、あばら近辺までしか肌を見せてこなかった。はじめてビキニ姿を見せた理由は、「パパラッチに稼がせないため」なのだそう。彼女の「おへそ」がカメラに狙われ、多額のお金が動いているという、滑稽な状況があぶり出された。

メディアを鵜呑みにしやすいわたしたちの手にかかれば、美談も醜聞も、出どころの裏付けもなく簡単に広く知れ渡る。インターネットが一般にも普及して久しい現在なら、なおさらだ。最近だと、新国立競技場の整備計画で、建築家のザハ・ハディドによる奇抜なキール・アーチのデザインが、2520億円にものぼる予算の原因として糾弾されていた。ザハの起用は白紙にされたが、彼女のデザイン事務所により、コスト増の別原因の指摘や代替案の用意が発表された。かつて「アンビルドの女王」と呼ばれた過去が災いしたのか。

「ポップス界のプリンセス」であるテイラーとて他人事ではない。メディアを通して、わたしたちは彼女のライフスタイルを、恋愛遍歴を知りたいと欲望してきた。だからパパラッチが撮り、雑誌やネットで出回る。その結果、彼女は男を取っかえ引っかえにしてると集中砲火を浴びてきた。また、世に音楽を発表するたびに批判にも晒されてきた。ゴーストライターの存在もウワサされた。

彼女の大ヒットシングル “Shake It Off” は、悪意の声やウワサ話に耳を傾け、神経をすり減らし、気をもむことからの解放を歌っている。

身体を揺さぶる(shake)ダンスへと誘う、圧倒的にポジティブなビートに乗ってテイラーが高らかに歌うこの、王道のポップスのミュージックビデオでは、彼女はかっこつけて踊ったりはしない。むしろ、コメディエンヌのようですらある。自身の生々しい恋愛体験を歌詞に織り込むことで、普遍的なテーマにドキュメンタリーな手触りをもたらす独自の音楽性を追求してきた、彼女の等身大の姿がこのスタイリッシュな楽曲からもうかがえる。現在放送中の「家庭教師のトライ」のCM「Try IT はじまる」篇に起用されたのも、踊りたいと思わせる多幸感と親しみやすさにあふれているからではないだろうか。

批評家の悪口も明るさに転じるテイラー

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

テイラー・スウィフトの魅力が詰まったこちらの書籍も必読です!

この連載について

初回を読む
テイラー・スウィフト 乙女ごころの怨み節

鈴木みのり

『テラスハウス』(フジテレビ)のテーマソングで日本でもおなじみのテイラー・スウィフト。アルバムの総売上は4000万、シングルの総ダウンロード数は1億3000万と、全世界で売れに売れており、現在も記録を伸ばしています。しかし、テラハに対...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shimodakohei この位図太くなくては。 http://t.co/lG8m3t1xHv 4年以上前 replyretweetfavorite

chang_minori cakesでプチ連載させていただいている 4年以上前 replyretweetfavorite

VABOIYOSHIYA #テイラーアンバサダー #taylorjp 4年以上前 replyretweetfavorite