下痢、発熱、合間に会社設立

内装工事の日程が決まり、会社がたちあがあろうとしていた。しかし、思いがけない壁が、僕の行く手を遮った。祝杯の翌朝、なぜか僕だけが……。

 11月某日。僕は再び、セブにいた。これで3回目だ。空港でタクシーを拾う。なぜだかセブの街が静かに感じられた。いつもはタクシーのクラクションが耳につくのだが、今回はみんながクラクションを鳴らさない気がする。

 さっそく中西くんとスターバックスで落ち合った。「セブが静かになった気がする」と告げると、彼は一笑に付した。

「何言ってるんすか?相変わらずメッチャうるさいっすよ! 松井さんの耳が騒音に慣れただけとちゃいます?」

 中西くんに会うのはまだ2度目なのだが、あまりに頻繁にやり取りしているせいか、もう10年も前から知っているような気がする。彼は僕がいない間にアパートを契約し、すっかりセブの住人になっていた。コーヒーをすすりながら現地での進捗を聞く。とにかくいろいろとある。

パソコン購入
 まずはTESDAに提出する書類の準備だが、書類作成には当然のことながらパソコンがいる。ところが、現地で雇った3人は自分のパソコンを持っていないのだ。一人は父親とパソコンを共有。もう一人は持っているのは持っているのだが、キーがいくつか取れてしまった、いつ動かなくなってもおかしくないような代物だった。そして最後の一人は持っていない。

 この国ではスマホを持っている人はいくらでもいるのだが、パソコンとなると途端に誰も持っていない。持っていたとしても誰かのお下がりで、みんな壮絶なヤツを使っている。フィリピン人は海外で働いている人が多いので、そうしたツテを辿って中古のパソコンを手に入れるようだった。スタッフの一人のパソコンも、かつてヨーロッパに出稼ぎ労働に行っていた叔母に譲ってもらったという代物だった。インストールされているウィンドウズもどうやらバッタものらしく、ソフトウェアアップデートがインストールできないのだ。

 この話は事前に聞いていたので、今回僕は、パソコンを1台アメリカで購入して持ってきていた。そして、とりあえずパソコンを持っていないスタッフにこれを支給した。彼の顔が喜びで溢れる。そしてアップルストア・フィリピンであと2台注文。なぜか配送日が2週間以上あとの日付になったが、まあよしとしよう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィリピンで起業しました

松井博

2015年6月6日、フィリピンのセブ島にて英語学校を開校しました。起業への思いや、設立までの「フィリピンあるある」などなど、思い立ってから9ヶ月間の足取りを綴っていきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Matsuhiro 文章内の大阪弁がおかしいと中西に訂正されて修正。大阪弁、めっちゃ難しいわ。 4年弱前 replyretweetfavorite

Matsuhiro 3度目のフィリピンで体験した、初めての苦難。思い出してもしんどさがよみがえります。 4年弱前 replyretweetfavorite