女オンチな女たち

できないことが増えてもいい—vol.9

女性が更年期を迎えるとその先に見えてくるのが「老い」。更年期を経験した結果、更年期同様歓迎されないものとされている老いも、自己の解放の入り口になり得るのではないかと思うようになったという深澤真紀さん。更年期や老いと向き合うことで、どうして自由になれるのでしょうか?

更年期の先に見えてきた「老い」

深澤 更年期を体験した結果、私は自分の心身の機能が低下していくことについてそんなに悪いことばかりではないなとに受け止められるようになってきたんです。難しい問題ではありますが、私の場合はその先の「老い」も悪くないのかなと思い始めてきました。

岡田 「私の場合は」とはどういう意味でしょう?

深澤 以前は、老いて介護が必要な状態になったり、認知症になるのがすごく怖かったんですよ。これは私がもともと「肉体よりも精神の方が上だ」と思っていたからなんだけど。

岡田 我々は「動物ではなく人間だと思っている派」ですからね。

深澤 そう。「精神が肉体を支配し、自己を律するのが正しい形だ」っていう妄信を持っている。でも自分が更年期を経験したり、介護が必要な人や認知症の人をたくさん取材する中で、「そうでもないのかもしれない」と思うようになってきたんですよ。
 介護はもちろん周りはものすごく大変だし、本人だってつらい思いをすることも多いと思う。だからといって「老い」や認知症を否定するのも違うのかなと思うようになってきたんです。

岡田 うーん、なるほど……?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
女オンチな女たち

岡田育 /深澤真紀

「草食男子」「肉食女子」という言葉を生み出したコラムニスト・深澤真紀さんと、cakesの「ハジの多い腐女子会」や「ハジの多い人生」でもおなじみ、編集者・文筆家の岡田育さん。共通点が多いのに、じっくり話したことがないというおふたりが、「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aoneco22 老いる事に関しても「オンナ」はとかく、美しく老いる、とかに拘りがち。ポジティビズムからも老いをきっかけに解放されたい。。。 2年弱前 replyretweetfavorite

kartofeli "歳をとって「 2年弱前 replyretweetfavorite

clione "逆に言えば、80や90にもなって元大学教授であることにこだわらなくていいとも思うんですよ。"→ 2年弱前 replyretweetfavorite

yumipsekip 「肉体よりも精神の方が上だ」と私も信じてたし、だから認知症は「人間性の崩壊」だと思ってた。母を見送るまでは。 2年弱前 replyretweetfavorite