クリエイティブはケーキのイチゴ

ポップカルチャーの情報発信の拠点となっているニュースサイト「ナタリー」で、取締役を務める唐木元さんのインタビュー最終回。唐木さんのもとに、とある新聞社から事業提携の話があったのですが、そこには「ナタリー」=「ニュース工場」という模式図があったそうです。思わずムッとした唐木さんですが……。
cakesでも特別掲載中の著書『新しい文章力の教室』と併せてお楽しみください。

ナタリーは、ニュース工場である

唐木元(以下、唐木) この話、もうそろそろ外の人に話してもいいかなと思っていて。

加藤貞顕(以下、加藤) ぜひ、ぜひ。

唐木 おととしだったかな、ある新聞社から、ナタリーに事業提携の話があったんです。それでお話を伺ったんですけど、先方から渡された企画書に模式図が載っていて。こう、片側にビルの絵が描いてあって「○○新聞」って書き添えられてる。それで、もう一方のナタリーのところは煙突のついた三角屋根で。

加藤 三角屋根?

唐木 「ニュース工場」って書いてあったんです。

加藤 うわあ(笑)。

唐木 それ見た瞬間に、ぼくは短気だからムッとしてしまって(笑)。あなた方はホワイトカラーのジャーナリスト様で、こちら工場で我ら工員ですかい、そりゃ結構なことですなあ、と。まあお引き取りいただいたわけですけど。

加藤 ええ。

唐木 でも、晩になって落ち着いて考えたら、「あ、ニュース工場でいいんだ」と気づいて。

加藤 というと?

唐木 つまり、我々にとってライティングという行為はジャーナリズムでも自己表現でもなくて、プロダクトを生産してるんだと。工場での業務のように手順がはっきりしていて、それに従って組み立てれば間違いない文章が書ける。そんな記事をユーザーのために淡々と毎日生産していくのがナタリーじゃないか。いや、むしろそうあるべきだと思ったんです。

加藤 謙虚ですねえ(笑)。

唐木 だからこの本も、「70点の文章を、技術によって書けるようになる本」なんです。決して作家性豊かで芸術的な文章の書き方ではないということは、はじめのほうでちゃんと断っています。

加藤 そうですよね。文章はちゃんと意味が伝わるのがいちばん大事ですからね。まずはそこからですよね。

唐木 そうですね、あるレベルまではセンスはいらないと思います。もちろん、センスはあるに超したことはないですよ。でもメディア運営はチーム戦ですからね、センスある個人に頼らず、技術を使って70点の文章を書ける育成に注力したほうがいい。ただ……コピーライティングの領域だけはセンスだなあ、とは思います。

加藤 はいはい。キャッチコピーや見出しの類はセンスが出てしまいます。

唐木 だから新入社員でも、見出しだけはベテランよりうまい人が出てきます。ニュースの見出しって、それだけで1冊の本になるくらい難しいですよね。正しく書けば書くほどつまらなくなっちゃうし、おもしろく書こうとするとウソになってしまう。

加藤 ジレンマですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ニュースサイト「ナタリー」の実践的メソッドで「書ける人」になる

この連載について

初回を読む
22,000本の赤字の果てに—ナタリー唐木元インタビュー

唐木元

月に3000本以上の記事を配信し、ポップカルチャーの情報発信の拠点となっているニュースサイト「ナタリー」。その運営会社「ナターシャ」で取締役を務める唐木元さんが、cakesでも特別掲載中の著書『新しい文章力の教室』を上梓しました。なん...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

kosa10jp 結局、日々の泥くさくて野暮ったい仕事を、地道にやっていくしかないんですよね。 約5年前 replyretweetfavorite

tkswest “どこに読点を打つのか、打たないのかとか(笑)。でも、そういうかったるい作業を淡々と続けていくしか、文章力を上げる方法はないんじゃないか…” 【 約5年前 replyretweetfavorite

zakicochan 膨大な情報をフラットで伝わりやすく書くために必要なこと。 約5年前 replyretweetfavorite

i_n_m_16 「多くの人は、地味で簡単なことを意外なほどやらない」…地味にコツコツとやっていこう… 約5年前 replyretweetfavorite