最終回】海外では新サービスが市場を拡大 国内勢も再びイノベーション図る

日本ではほとんど知られていないサービスが、海外の音楽市場を席巻している。海外の事情について日本でトップクラスの見識を持つコンサルタントが音楽の未来図を紹介する。

 1920年。無料で聴き放題のラジオが登場すると米国人は夢中になった。27年には1000万世帯と、怒濤のごとく普及したのだ。

 当時のレコードの音質はラジオに負けていた。さらに29年、ウォール街で株価が大暴落。1億枚以上あったレコードの売り上げは3年後、たった600万枚に激減したという。しかし、音質改善や値下げなどレコード産業はイノベーションを積み重ね、この壊滅的危機を乗り越えた。

 80年後の今日、レコード産業は新たなメディア、インターネットの登場に苦しんでいる。業界団体IFPIによると2008年の全世界の音楽ダウンロードのうち合法はたった5%だ。一方、この12年間でレコード産業の売り上げは4割減った。

 そんな中、復活のためのイノベーションが再び起こりつつある。08年、スウェーデンに登場した音楽が聴き放題のサービスSpotify(スポティファイ)はその一つだ。特徴は、独自開発の配信方法で、動作が軽く、違法コピーも難しい。言ってみれば、「違法ダウンロードがばかばかしくなるほど便利な合法サービス」だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
誰が音楽を殺したか?~Who's Killing Music?

週刊ダイヤモンド

誕生から30年たったCDの市場はピークの3分の1と壊滅状態にある。さらには、インターネットやスマートフォンの普及により新サービスは乱立、収益構造は激変した。音楽家やレコード会社は押し寄せる変革の波に悩み、あるいは、そこにチャンスを見い...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません