結果が出ない努力を続ける勇気

結果を出さないとリストラに遭うという切羽詰まった状況を美沙は、悶々と過ごしていた。結果が出ない時期を、種まきの時期と捉えることは簡単だが、実際の心理状況は複雑だ。その時期をいかに乗り越え、結果を出していくのか…? この小説は、ひとりの崖っぷちOLが会社の魂を変えるまでを描いた新感覚のビジネス小説です。

あと1ヶ月か……。営業成績最下位の美沙の異動が決定するまでの猶予……3ヶ月もあっという間に2ヶ月が過ぎ、残すところ1ヶ月となっていた。

勉強ができるかは別として、真面目だけが取り柄の美沙は、短大もDNPへの入社も推薦だった。授業に出てしっかりノートを取る。試験前には先生に質問にいく。とりわけ勉強ができるわけでもなかったが、内申はよかった。順風満帆に人生を歩んできたといえよう。必死に受験勉強をしたことも、汗水流して就職活動をしたこともない。追い詰められたことが一度もなかった。それが—あと1ヶ月で結果を出さなければ子会社へ異動だ。美沙は人生初といっていいほどの極致に立たされていた。

「草加くん、おはよう。オフィスにいるの久しぶりだね」

「はい。やっぱ営業は外にでてなんぼなんで」

「そっか」

いつもならもう少し気の利いた返しをする美沙なのだが、いまの美沙にそんなエネルギーは残されていなかった。

「どうかしたんすか?」いつも面倒くさそうに美沙の会話を受け流していた草加に問われたことに、美沙は驚いた。

「い、いや」歯切れの悪い言葉になる。

「いつもの浅井さんらしくないっすね」

私らしいって何? 即座にそんな思いが胸中浮上するも、その言葉になんだか胸がいっぱいになる。

「浅井さん、本当は営業なんてやりたくないんじゃないですか?」

「えっ?」

「いや、ここ2ヶ月ほど辛そうだから。営業をやりたいって浅井さん自分で越野部長に申し出ていたけど、毎日辛そうっすよ」

「私は本当に営業がやりたくて」

「それって、坂井部長への意地じゃないんですか?」

えっ?

突然でてきた坂井の名前に美沙は困惑の色を隠せない。

「ち、ちがうよ。たしかに坂井部長に営業をやるように言われたのがことの発端だけど……でも、いまは自分の意思で営業やってる」

「そうっすか。それなら問題はないっすね」

問題……それがあるのよ。結果を出さないと異動になっちゃうんだから。それも1ヶ月以内に。でもそんなこと……言えるはずもない。

「ねぇ、草加くんは装置が売れなくて不安になったりしない?」

「不安っすか? そりゃあ、課せられた予算を達成できるか常に不安っすけど、やってる自負があるのでそれで無理なら……いや、やっぱり絶対達成できると思ってます」

「どこからそんな自信が生まれるの?」

「ある人に言われたんすよ。自分がやってる行動を数値化してくれて。それで自信を取り戻せたっていうか」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

目標を達成できる人とできない人は何が違うのか?

この連載について

初回を読む
キラキラOL浅井美沙 わたし今日からキラキラをやめてギラギラします!

菅沙絵

仕事なんて、生活のため、寿退社までの腰かけに過ぎないと思っていた――。 そこに突如まいこんだ『希望退職者募集のお知らせ』。 やる気ゼロの崖っぷちOLが会社の魂を揺り動かすようになるまでの奇跡の成長を描く。 Yahoo!トピッ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shimodakohei 努力と成果は直接的には関係無い。間接的に関係している。 http://t.co/nyaMByc6Yr 5年弱前 replyretweetfavorite

chiponyo 公開されました!|[今なら無料!]キラキラワードに騙されるな! 私たちはやる気をなくす言葉に囲まれている 5年弱前 replyretweetfavorite