第2回】業界ごとの将来年収を大公開 「晴れ」の介護に「雨」の証券(1)

本誌が独自試算した5年後平均年収ランキング。上場3255社を98業種に分け各業種の詳細を見ていくことで、より伸びる「晴れ」の業界が浮かび上がってきた。

 2008年秋のリーマンショックから立ち直った業界は、全体の4割にすぎない──。

 今回、5年後の平均年収をはじき出すに当たって、上場企業を98業種に分け、その業種の成長性を年収の伸びに反映した。成長する業種に属する企業の給料は上昇するという理屈だ。この成長性とは、リーマンショック前の2007年度と直近の11年度で、各企業の売上高を比較。その変化率の平均を取ったものである。

 その結果が表1‐3で、トップ10とワースト10をまとめてみた(98業種のランキングは、「Part 4 最新!平均年収ランキング」の表4‐2「98業種別売上高増減率ランキング」を参照)。

 最も成長性が高かったのはネット関連業界だ。

 トップは「ポータルサイト運営業」で65%アップ、有名サイトを展開する企業が名を連ねている。

 例えば医療情報専門サイト「エムスリードットコム」を展開し急成長しているエムスリーやカカクコムなどだ。

 「広告・メディアコンテンツ関連業」(43%増)や「デジタルコンテンツ関連業」(24%増)も上位にランクイン。ソーシャルゲームやインターネット広告企業が成長を牽引しているのだ。さらには、ネット通販を含む「小売業(通販・宅配)」(21%増)も顔を出した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
給料と仕事 将来比較【Part 1】年収が上がる業界・企業

週刊ダイヤモンド

就職先や転職先を選ぶとき、あなたは何を基準にするだろうか。仕事に対する向き不向き? 社会的なステータス? もちろん働きがいもあるだろうが、最大の関心事は「仕事」と「給料」の将来ではないだろうか。とはいえ簡単にはわからない。そこでこの連...もっと読む

関連記事

関連キーワード