人工知能ビジネス

もう1人の参加者が会議をゴールに導く「学習する会議空間」

せっかくアイデア会議を開いても、準備不足で議論にならず、時間がだらだらと過ぎてしまう経験は誰しも持っているでしょう。未来の会議室では、場の状況を会議室(人工知能=AI)自身が判断して的確な情報を瞬時にフィードバックしてくれます。もう1人の参加者AIがゴールに向かって議論を加速させ、成果を引き出してくれるのです。(大橋一広=イトーキ ICTソリューション企画推進部部長)

 未来の会議室には、議論を加速させる“仕掛け”がある──。

 会議が進む中で、目に見えないファシリテーターやモデレーターが、時にはサーチャー(検索者)や奇想天外なアイデアマンとして登場。もう1人の参加者として議論の場に参加し、アイデア出しや意思決定をサポートし、会議をゴールに導く。

 実はこの目に見えないファシリテーターやモデレーターの役割を人工知能(AI)が果たしている。オフィス空間の設計・販売を手がけるイトーキが開発している、未来のワークスタイルデザインによる「AIが組み込まれた会議室」だ。

 AIは、普通の人と同じように、その場の雰囲気や文脈を理解してアクションを起こす。まさに“空気”を読むことができるAIが組み込まれた会議室というわけだ。参加者の過去のデータや会議での発言、場の状況を会議空間自らが学習し、成長するシステムである点が、今までにない特長だ。

 イトーキはこれまで、空間を行き交うデータ・情報に着目。ICTを活用した情報メディアデザインに注力している。リアルな空間とデジタル・バーチャルな空間をシームレスにつなぐことをテーマに、創造的なワークプロセスをサポートする新しい空間プラットフォーム〈空間メディア化・空間のオフィス化〉の研究開発を行っている。その中の1つが「AIが組み込まれた会議室」だ。

「未来の会議室」のイメージ

常識を認識できるAI

 未来の会議室を開発するに当たりまず取り組んだのは、私たち普通の人間が暗黙に共有する常識、つまり当たり前のことを認識できる能力を備えたAI(コモンセンスAI)だ。このAIは日本ユニシスと共同開発している。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
人工知能ビジネス

日経ビッグデータ

『日経ビッグデータ』は企業のビッグデータ、人工知能、IoT活用を支援する専門誌。「データ活用で成長戦略を描く」をショルダータイトルに掲げ、Webサイト、月刊誌、読者は無料で参加できる年4回のセミナーなど多面的に情報を発信しています。最...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ora109pon う1人の参加者が会議をゴールに導く「学習する会議空間」| 約5年前 replyretweetfavorite

OfficeKT AIがファシリテータか。面白い。 ─ 約5年前 replyretweetfavorite