同意」と「深掘り」で内容を深める

ニュースサイト「ナタリー」の文章教室「唐木ゼミ」。最終回の今回は「インタビュー術」についてです。といっても、有名人の取材記事を書くためだけのものではありません。自分の意見をまとめるためにも役立つ質問方法なのです。あなたも書きたいことがまとまらず、悩んでいませんか?

インタビューの基本は「同意」と「深堀り」

 インタビュー術はそれだけで本が1冊書けてしまうほど重厚なテーマですので、ここでは根本的な考えだけお伝えしておきたいと思います。インタビューで大事なことはたった2つだけ、「同意」と「深掘り」です。


 私の考える理想のインタビューは、インタビュアーが「すごいですね」「それってどういうことですか?」の2つしか言わない状態です。これまで200人以上にインタビューをしてきましたが、何度かだけ、そういうことがありました。

 「すごいですね」は「なるほど」でも「ははあ」でもいいのですが、同意の表明です。相手の発言に共感し賛同していることを伝えます。それはインタビューに前向きの推進力を与え、相手に次の言葉をしゃべってもらう呼び水として機能します。

 かたや「それってどういうことですか?」は深掘り、つまりある話題についてもっと詳しく具体的に教えてほしいという意思の表明です。インタビューに深度と展開をもたらし、また話題に対する正確な理解を促してくれます。

 たまに勘違いしている人を見かけますが、インタビューはこちらの意見をぶつける場でも、言ってほしいことを言わせる場でも、相手が隠していることを暴く場でもありません。相手の話したいことを、より豊かに聞き出すことが本質です。

 ではもし、聞きたいことと相手の話したいことが食い違っていたとしたら? そのときは、こちらが聞きたいことについて相手が話したくなるように話を運べばいいのです。そのための基本的なツールが「同意」と「深掘り」です。

予想外の答えにこそ「おいしい」内容が現れる

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

文章を磨くポイントを具体的に紹介しています

この連載について

初回を読む
新しい文章力の教室

唐木元

文章を「書きながら」考えていませんか? 毎月3,000本以上もの記事を配信し続けるニュースサイト「ナタリー」で新人教育を担当する唐木元氏が、「書ける人」が自然にやっている基本を誰でも実践できるメソッドとして伝えます。 本連載で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mshk これを読み返すなど 約4年前 replyretweetfavorite

consaba インタビューの基本は #ss954 約4年前 replyretweetfavorite

mshk 心して読み返します。”インタビューはこちらの意見をぶつける場でも、言ってほしいことを言わせる場でも、相手が隠していることを暴く場でもありません。” 約4年前 replyretweetfavorite

tamura_jp 客観的事実より前面に主観的意見を配置し、それを事実で補強していくような順番が望ましいでしょう。 約4年前 replyretweetfavorite