本屋ですが、ベストセラーはおいてません。」

大ヒットや大行列は、たった1行の言葉から生まれる! 20年前に出版された文庫本をミリオンセラーにしたPOPなど、広告・SNSなどでの大ヒット事例を分析しながら、人とお金が集まるキャッチコピーの鉄則を紹介します。結果につながる言葉の選び方をコピーライターが伝授!

ニュースになる鉄板3カ条

 キャッチコピーに、ニュースであることがわかる言葉を入れることは「売り」につながります。
 たとえば「世界初」「日本初」「業界初」などファーストワンはそれだけでニュースになるので、新しい物好きにはとてもよく刺さります。 同じように「新発売」「新登場」など「新」がつく言葉もニュースになります。

 もし新商品でなくてもあきらめる必要はありません。従来品の改良でも、新しい使い方・食べ方の提案でもニュースにすることはできるからです。他にも以下のような言葉を組み合わせて使うと、ニュースであることが伝わりやすくなります。参考にしてみてください。

①年月日時曜日などの要素を入れる
 具体的な年月日時曜日などの要素が入っているとニュースになりやすくなります。
・12月22日新型「アルト」デビュー
・これで安心 花粉症対策2016
・特別半額セールは9月15日まで。 ・金曜日はプレモルの日。

②「ついに」「とうとう」「いよいよ」「待ちにまった」などの言葉を入れる
 このような言葉が入ることで、多くの人が待ち望んでいたイメージになるのでニュースと感じやすくなります。
・ついに登場! アプリで赤本
・とうとう出ました 前輪二輪のバイク
・いよいよ解禁 石川県産ズワイガニ
・待ちに待ったサッポロ極ZERO 再発売

➂「発表」「公開」「宣言」などの言葉から始める
 このような言葉から始まると、ニュースだと感じやすくなります。
・発表 この春、一番売れた化粧品!
・公開 1行で必ず売れる最新のテクニック
・宣言 今後、当社の食品は化学調味料を一切無添加にします

 大胆な宣言で注目された書店

 他にも1行がニュースになる方法があります。
 それは強い意志をもって、一般的な常識とは逆のことを宣言するという手法です。

 大阪にスタンダードブックストアという人気の書店があります。心斎橋を筆頭に、梅田茶屋町と阿倍野に店舗があります。 心斎橋の店舗は、1階と地下に広がるとても居心地のいい空間です。1階が100坪、地下が170坪、そのうち40坪がカフェになっています。
 木製の本棚、カーペットやフローリングに落ち着いた照明で、一般的な書店の内装とは一線を画します。文具、雑貨、洋服、バッグ、自転車、キャッチン用品、食品なども、本とうまく融合させて違和感なく販売されています。 地下のカフェは買う前の本でも持ち込みが自由。料理も健康的においしいメニューが並んでいます。
 またそこでは、さまざまなイベントが開催されています。コミュニティのハブになっている書店なのです。

 2006年、この店が新規オープンした時、代表の中川和彦さんは、地下鉄心斎橋駅に店の広告を出します。そのキャッチコピーの1行がスタンダードブックストアの知名度を一気に高めました。
 それが

 本屋ですが、ベストセラーはおいてません。

 という1行です。今でもサイトを見ると、えんじ色のバックに白抜きの大きな文字でこのキャッチコピーが書かれています。(http://www.standardbookstore.com/

 書店は普通、ベストセラーを置くことに血眼になっているというのが常識です。その中で「ベストセラーを置かない」という一般的の常識と逆の宣言をしたことで、多くの人の印象に強く残り、お客さんが押し寄せました。
 今でも、スタンダードブックストアに関する記事の多くは、このキャッチコピーが紹介されます。どんな書店かを一番うまく言いあらわすことができるからです。

 もっとも、スタンダードブックストアにもベストセラーは置かれています。「ベストセラーはおいてません」は、絶対に置かないという意味ではなく、ベストセラーという理由では置かないという意思表示なのです。
 このように強い意志をもった宣言は、ニュースになり注目を集めます。

 日本式バレンタインデーを作った1行
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
1行バカ売れ

川上徹也

大ヒットや大行列は、たった1行の言葉から生まれる!20年前に出版された文庫本をミリオンセラーにしたPOPなど、広告・SNSなどでの大ヒット事例を分析しながら、人とお金が集まるキャッチコピーの鉄則を紹介。結果につながる言葉の選び方をコピ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kyoro1 キャッチコピーで世界を帰る、て話ですかー 約2年前 replyretweetfavorite

aaaaami スタンダード社長の中川さんが考えたコピーだと思ってた…!日本一大好きな本屋さんです。私の青春の一部。 約2年前 replyretweetfavorite