好き」だけではやっていけないシビアな国際結婚

前回、独身の日本人女性は国際結婚ならチャンスがあるかもしれないということをご紹介しましたが、国際結婚には様々なリスクが伴うのも事実。どうしても外国人男性のイメージに恋してしまう日本人女性は、結婚後のリアルな生活のことを考えるのを忘れがちなのだそう。異国の地で子供を産んだ後に離婚してしまったら、パートナーと文化や習慣の違いがあったら、どのような問題が起きるのでしょうか?

イメージはかっこいい「外国人男性」の罠

前回国際結婚コンサルタントの塚越悦子さんをご紹介した。日本人女性の国際結婚を積極的に支援している彼女だが、しかし、漠然と「国際結婚」に憧れている日本人女性に不安も覚えている。

私も国際結婚組なので「日本人の女は外国人の男に弱い」というステレオタイプを押し付けられるのは嫌なのだが、塚越さんによれば、「外国人(とくに白人男性)」というスペックを重視する日本人女性は、外国人男性を人としてじっくり見極めずに安易に受け入れて夢中になってしまう傾向があるという。人そのものではなく、「外国人男性」というイメージに恋をする女性は、外国人pick-up artist(ナンパ師)の餌食になりやすい。

東京に住んでいた1980年代後半、私のまわりには欧米出身の友人・知人が多かった。その中には、母国では絶対にモテないタイプなのに、複数の日本人女性と付き合っている男性がけっこういた。彼らが狙うのは、可愛いけれど英語(フランス人の場合にはフランス語)があまりできない日本人女性だった。仲間が集まるパーティで彼氏がその女性についてすごく失礼なことを言っていても、本人は何を言っているのかよくわからないからニコニコ笑顔でいる。そいつがどんなに嫌な奴なのか忠言してあげたかったが、私の立場からは「余計なお世話」なので我慢して口をつぐんでいたものだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アメリカはいつも夢見ている

渡辺由佳里

「アメリカンドリーム」という言葉、最近聞かなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。本連載では、アメリカ在住で幅広い分野で活動されている渡辺由佳里さんが、そんなアメリカンドリームが現在どんなかたちで実現しているのか、を始めとした...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hal_31 現実問題。 2年以上前 replyretweetfavorite

Matsuuuun ふむ。自分の失敗といまの結婚を考える・・・ 2年以上前 replyretweetfavorite

kana_chika こういう人ってまだいるんだ。 「「外国人(とくに白人男性)」というスペックを重視する日本人女性は/男性を人としてじっくり見極めずに安易に受け入れて夢中になってしまう傾向/人そのものではなく「外国人男性」というイメージに恋をする」 http://t.co/1etcnGvNK6 2年以上前 replyretweetfavorite

bionic_giko ハワイで暮らしてる子が、子供が出来てから本格的に離婚問題を抱えたけど今はどうにか治まった。危なかったな… 2年以上前 replyretweetfavorite