英雄の書

その時代のトレンドがわかってしまう「感性分析」とは?

新刊『英雄の書』(ポプラ社)を上梓された黒川伊保子さんインタビュー後編です。人工知能研究の第一線に携わってこられた黒川さんが分析する「感性トレンド」では、「2015年はまさに『ヒーローの時代』」とおっしゃいます。まさに新刊のタイトルにもなった「ヒーロー=英雄」はいったいなにを意味しているのでしょうか?

世界初の日本語で会話できるコンピューターを開発!

— 黒川さんの研究で知られているのが会話ができるコンピューターです。この研究の成果も『英雄の書』の内容に反映されているんですか。


英雄の書(ポプラ社)

黒川伊保子(以下、黒川) もちろんです。20代後半、コンピューターに人間の会話を理解させる研究を本格的に始め、その方法論が成功し、日本語で話しかけられるコンピューターを世界で初めて作ったんです。これは大型機の環境では画期的なことで、それが実現できたのは「会話なんて適当なものじゃない?」という女性脳ならではの発想でした。当時、自然言語解析というのは、おもに男性研究員の方々が地道に解析されていて、「て・に・を・は」がどこにかかるか、といった解析だけで一生かけてる、なんて方もいらしたぐらいで。

— 改めて考える接続詞ってすごく複雑ですよね。でも、実際に話すときに「て・に・を・は」気にすることはあまりないような気もしてしまいますが。

黒川 そうなんです。例えば、喫茶店で「コーヒーお願い」と言ったときに、コーヒー「を」なのか、コーヒー「で」 なのかなんて、気にしませんし、そもそも音声認識はある程度似ていればOKなので、「ホーヒー」と言っても通じる。だから、細かいことを延々研究しても意味がないし、そんなに膨大な情報を組み込んだら、どんなにコンピューターにメモリーがあっても足りないですし。

— たしかにそれだと切りが無くなりそうですね。

黒川 だから私が担当した原子力発電所の事故情報システムでは、質問からまず「て・に・を・は」を省いた残りの単語で検索し、回答させたんです。もちろん「て・に・を・は」や「and・or・but」が必要な場面も少しはあるので、そのときだけそれらを解析させ、さらにコンピューターが勘違いしたときは再処理させることで、メモリーの小さい当時の大型コンピューターでも、実時間処理で会話ができるようになったんです。原発の技師さんが聞きたいのは事故や故障のことに限られてるんだから、単語だけ引き抜けば充分、ということに気づいたのが成功の秘訣でした。

言葉の語感の違いに気づいたことが感性分析の原点に

— 人間と会話ができるコンピューター、と聞くだけで「AIが飛躍的に進歩した」という感じがしますね。

黒川 ところがその後、コンピューターが「はい」と言いすぎるとクレームが入ったんです。例えば「1980年代に アメリカで細管破損事故があったよね?」という質問をしたら、「はい。○○の事故ですね」といった文章が返ってくる。続けて「図面はついてる?」と聞くと 「はい」、「15分以内にファックスできる?」にも「はい」と画面に出るわけなんですが、そのとき「はい」が3つ以上並ぶと冷たく感じる、と言うんです。 さらに、人間同士の会話なら「ええ」や「そうです」とか色々な言い方があるだろう、と。

— それはなんとも興味深い反応です。

黒川 ただ、「はい」「ええ」「そうです」はどれもyesという意味なので、データベースではどれも“肯定語”としか入れられず、結局その3つが同じ条件で出てきてしまう。そこで、ランダム関数というのを入れ、ランダムに答えが出てくるようにしたら、今度は「ここは 『はい』と言ってくれないと不安になる」とか「ここは『ええ』と優しく言ってほしい」というクレームが上がってきたんです。

— 日本語って難しいですねえ。

黒川 しかも、複数の人が同じ場所で同じことを感じるんですよ。「やってくれますか?」に対しては「はい」と言ってほしいし、「ええ」では不安なんです。逆に「ありますか?」なら「ええ」で充分とか。それはつまり、私たち日本人はただランダムに返事をしているのではない、ということを示していることに他ならない。その違いはなんだろうと考えたときに、それは恐らく語感だろうと思いついたことが、現在の感性分析に繋がっているんです。

自分と弟の名前から気になり始めた、言葉の音とイメージの関係
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

英雄の書

黒川 伊保子
ポプラ社
2015-09-02

この連載について

初回を読む
英雄の書

黒川伊保子

AI(人工知能)の研究を通して長年、人々の感性や嗜好・マーケットを分析してきた、脳科学者・黒川伊保子氏が語る、これから必要とされる人物像、「英雄」。なぜこれから「英雄」が必要とされるのか、「人生という冒険」の中で「英雄」になるために必...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

46296 このインタビューの半ばあたり、常々「桃」に「もも」って名前をつけた人天才!と感じてた理由が示されてる気がする~! → 4年以上前 replyretweetfavorite

rcs00731 音と言葉の関連性。 4年以上前 replyretweetfavorite

yuriccc25 言葉のところがマジで面白い。 4年以上前 replyretweetfavorite

regista13 「そのデータベースに、例えば新しい車につけたい名前を入れると、居住性や速さなどを感じられるかどうかといった数値をグラフに出すことができるんです。」そんなことできんのか・・・! 4年以上前 replyretweetfavorite