BL進化論

ゲイの「イクメン」を周囲が応援する物語

新しい母親として息子に認められる「受」キャラ。義理の弟と妹を育てるゲイの青年など、BLには「イクメン」が登場する物語が数多く存在します。これらの作品は現実社会のホモフォビア克服に向けて、どのような影響があるのでしょうか。ボーイズラブ愛好家で、BLと女性のセクシュアリティーズをテーマに博士号を取得した溝口さん初の著書『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』の内容の一部をcakesで特別公開します。

子育てするゲイを周囲が応援する世界

恋愛関係になる男性キャラのうちのひとりが、かつて女性と結婚していた時の子どもを育てているという「イクメン」である作品のBL全体のなかでの割合は、おそらく現実の男性人口に占めるイクメンよりもかなり高い。

たとえば、マンガ『きみが居る場所』(深井結己/2003)では、「攻」キャラの息子の保育園児が短期間で「受」キャラになつき、ちゃぶ台の亡き母親の定位置に座っていいと照れながらいい、いったん出ていって戻ってきた「受」キャラに、泣きながらもうどこにも行かないでと泣きつく姿が描かれる。

マンガ『風の行方』( 国枝彩香/2004)では、もともとはノンケ(異性愛者)だった「攻」キャラ・健人の祖父母が健人の同僚で美術教師の男性・瑛との交際に反対している。最終的には瑛が「婿入り」してきて四人で同居することになるプロセスが、ユーモアを交えながらもしみじみと描かれる(健人の両親は若くして事故死している)。

未来の記憶風の行方 (ビーボーイコミックスDX)
未来の記憶風の行方 (ビーボーイコミックスDX)

引っ越しの日、手伝いに来ていた教え子の高校生のうちふたりの女子が「夏休みの自由研究で郷土史について調べて」いるので「昔の貴重な写真」を見せて教えてくれ、と健人の祖父に頼むと、祖父はまんざらでもない。そして、妻(健人の祖母)に「あいつらの仲を許したわけじゃない」といいつつもみんなのために寿司をとってやれ、という。これを見て、瑛は「作戦は成功」だと健人に説明する。

一、いかにもジジイ受けする優等生を送り込み懐柔する 
二、男同士じゃ子供は望めないけど「ホラ、この生徒達がオレ達の子供だよ」とアピール どうよ? この一石二鳥の見事な作戦

自慢げに語る瑛の顔はコミカルにデフォルメされており、ユーモラスな印象を与えるシーンだが、自分たちの子孫を残しにくいだけに教育の仕事などを通じて次世代の育成に寄与したいという思いは、現実の同性愛者もかなりの割合で抱くものだろう。このシーンの数十ページ前には、交際三年目となったことを機に健人が結婚のかわりに養子縁組をしようといいだし、「お前が言う結婚って何?」と瑛に聞かれて

「保証が欲しい/(…)/世の中の夫婦に認められてる社会的な権利とか一番近い家族だっていう確かな証拠/もしも俺が死んだらお前に財産を残せるように…」

と答える場面もあり、作者・国枝が、同性カップルの権利問題を真剣に考えていることがわかる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
BL進化論

溝口彰子

男性同士の恋愛をテーマとして描かれるジャンル、ボーイズラブ(BL)。近年、「腐女子」という言葉の普及、アニメ化や実写映画化される作品の増加によって認知度が広がりつつあります。BLはどのように進化し、どのように社会を変えるヒントを与えて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aoneco22 完全にユンジェ&ユスミンの世界だわw 4年以上前 replyretweetfavorite

aoneco22 完全にユンジェ&ユスミンの世界かもね〜w 4年以上前 replyretweetfavorite

yj0610real 完璧ユンジェで成り立つわ。 シングルファーザーと保育士。 シングルファーザーとなった壮絶な経緯と、誰にでも優しく子供にも慕われる保育士の持つ裏の顔…とか。 これシングルファーザーと保育士、どっちがどっちの設定でも二度美味しい! https://t.co/VDb8fP2xV5 4年以上前 replyretweetfavorite

aoneco22 完全にユンジェ&ユスミンの世界かもね〜w 4年以上前 replyretweetfavorite