BL進化論

現代社会にはびこる「ホモフォビア」との戦い

現代の社会に実在する「ホモフォビア(同性愛嫌悪)」。女性のためのフィクションとしての性格が強いBLでも、“ホモフォビアと主人公たちの葛藤”を描く作品が多数存在します。周囲からの偏見にさらされながら、主人公たちはどのように愛を貫いていくのでしょうか? BLと女性のセクシュアリティーズをテーマに博士号を取得した溝口さん初の著書『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』の内容の一部をcakesで特別公開します。

BLには、主人公たちが男同士で性愛関係にあることが全く問題視されない作品もある。そういった作品は、「ホモフォビアがない世界」を前提にしてユートピアを描くわけだが、現実のホモフォビアを弱める未来に続く可能性があるのは、いうまでもなく、今日の日本社会に実在するホモフォビアと主人公たちの葛藤を描く作品群である。

「同性愛者のままでも幸福になれる」というメッセージ

そのなかで、主人公の関係が周囲から断罪される作例としては、まず、マンガ「成層圏の灯」シリーズ(鳥人ヒロミ/2000-02)をあげる。六歳から引き取って育ててきた中学生の甥(英)を叔父(聖)が犯し、そのまま恋人関係となったことが友人にばれて絶交されるエピソードが描かれる。

成層圏の灯 1 (WINGS COMICS BUNKO)
成層圏の灯 1 (WINGS COMICS BUNKO)

数十年という長期間を描き、作中で性愛関係になる男性カップルの数も多い本作を詳しく考察するには別の機会を待たねばならないが、ここでは、「美少年マンガ」の『風と木の詩』の系譜でありながら進化形である点に絞って述べる。というのも、実の親に捨てられた英にとって聖は親であり恋人文字どおり“すべて”であり、その点では『風と木の詩』の叔父(で本当は父)オーギュストとジルベールの関係と同様だ。

だが、オーギュストの支配から結局逃れられずに大人になる前に死ぬジルベールと違って、英は生きのびて「ゲイの大人」として写真家としての仕事面でも同性パートナーとの生活面でも成功するのだ。もちろん、あっさりとそこに至るわけではなく、自殺未遂、自律神経失調症、拒食、恋愛と別離と再会、セックスフレンドとの交流などを含めた波瀾万丈で壮絶なプロセスが描かれているため、説得力がある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
BL進化論

溝口彰子

男性同士の恋愛をテーマとして描かれるジャンル、ボーイズラブ(BL)。近年、「腐女子」という言葉の普及、アニメ化や実写映画化される作品の増加によって認知度が広がりつつあります。BLはどのように進化し、どのように社会を変えるヒントを与えて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

akikomiz 『BL進化論』からの抜粋です。おお、無料で読めるところに鳥人先生の成層圏シリーズの書影も! @cakes_PR 【新着】腐女子が社会を動かす時代がやってきた!  5年弱前 replyretweetfavorite