サマーSFウォーズ

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 今回は第54回日本SF大会「米魂」開催間近ということで、第48回日本SF大会「T-Con2009」をレポートした「新SF観光局」の第7回を再録します(SFマガジン2009年9月号より)。



『SF本の雑誌』と『超弦領域』をひっさげて乗り込んだのは、第48回日本SF大会が開催される那須塩原温泉。

 会場のホテル・ニュー塩原に着くなり、ロビーでテレビマン・ユニオンの取材クルーと合流。なんでも、7月25日放送のNHK‐BS「週刊ブックレビュー」でSFを特集するんだそうで、本誌編集長の談話や、円城塔、山田正紀のインタビューを収録したらしいが、その一環として、SF大会も取材したいってことで、不肖・大森がレポーターに指名されたのである。ピンマイクをつけ、カメラと照明と音声を従えていきなり突撃した先は、カフェ・サイファイティーク主催の理系ホストクラブ「バー貴腐人」。昭和の香り高い本物のクラブを借りてデイタイム営業しているだけあって、たいへんゴージャスな雰囲気。
「こちらのお店はどういうシステムなんでしょうか?」
「各テーブルにハカセがついて、お相手させていただきます」
 と説明するフロアマネージャー(推定)の尾山ノルマ氏。テーブルでは、N島ハカセと灰原ハカセにお相手していただく。お世話様でした。

 取材のあと、ディーラーズ・ルームを覗いているうちに星雲賞授賞式がはじまる。途中から入ったら、加藤直之氏の挨拶が大ウケで大変な盛り上がり。続く内藤泰弘氏のビデオメッセージがまた爆笑。いわく、受賞の第一報が入った夜は中野のメイドバーにくりだして豪遊し、「星雲賞作家の酒が飲めないのか!」と受賞の威光を笠に着まくっていたところ、最近では周囲から“星雲たん”と呼ばれている。イーガンと会ったら同じ星雲賞仲間として語り合いたい──などなど。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SFマガジン

この連載について

初回を読む
大森望の新SF観光局・cakes出張版

大森望

翻訳・解説・エッセイ・コラムと、SF界のオシゴトを縦横無尽にばりばりこなす超人・大森望氏。氏の〈SFマガジン〉誌上の連載コラム「大森望の新SF観光局」がcakesに出張! 知りたかったSF界のあれやこれやをcakesでもおたのしみいた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tsysoba 故・伊藤計劃氏の御母堂の挨拶が見事すぎる。 4年以上前 replyretweetfavorite

Mdanshaku これは泣く  4年以上前 replyretweetfavorite

Hayakawashobo まずはSFMcakes版から! 第54回日本SF大会「米魂」開催間近ということで、第48回日本SF大会「T-Con2009」レポートを再録します。 4年以上前 replyretweetfavorite