あんどろっぷ

スマホの充電回数の数え方/iPhone

継ぎ足し充電は寿命に無関係!?本当の充電回数はこれだ!
iPhoneを使うと誰でも必ず行わなければならないのがバッテリー電池の充電。この iPhoneの充電の方法によってバッテリー電池の寿命が縮んだり逆に長く使えたりといった話は良く聞きますが、意外に正しい使い方を知らないことも多いようです。たとえば、バッテリー電池の充電回数は満充電100%にした回数とか、継ぎ足し充電は寿命を縮めるとか、これは全て間違ったリチウムイオンバッテリー電池の都市伝説なのです。

■ iPhone(アイフォン)の充電 可能回数は400回

まず iPhone(アイフォン)の充電回数と、その定義を確認しましょう。

Softbankの iPhone(アイフォン)に関するFAQには以下のように記載されています。

正しく整備された iPhone のバッテリーは、フル充電/放電サイクルを400回繰り返すと、完全に充電しても元の容量の80%までしか充電できなくなります。

現在はAppleの公式サイトには充電回数に関する正式な記述がありませんが、こんな事が書かれています。

Appleのリチウムイオンバッテリーは、充電サイクルを数多く繰り返しても本来の容量の少なくとも80%を維持するように設計されています。

つまり充電可能な回数とは、バッテリー電池が元の容量の80%になった時点のことを言います。ほとんど充電できなくなった状態ではありません。

■意外に知らない iPhone(アイフォン)充電回数の正しい数え方

その充電回数とはどのような条件で1回と数えるのでしょうか。 充電器を差して充電を始めた回数でもなければ、充電して100%になった回数でもありません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
あんどろっぷ

あんどろっぷ

スマートフォンの疑問を質問・解決できるスマホQ&Aサイト。スマホの公式ヘルプページもあります。http://andropp.jp/

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません