メディアが映し出す「わかりやすい貧困」と現実のギャップ—インタビュー前編

20代にして、日本の貧困問題の解決を目指すNPO法人「もやい」理事長を務める大西連さんが、初の単著となる『すぐそばにある「貧困」』を9月8日に刊行します。これまでに1000人以上の生活困窮者の相談にのってきた著者はどのような思いで本書を綴ったのでしょう。貧困というテーマについて書くことに対するプレッシャーとは? 著者が伝えたかった貧困に苦しむ人たちの生の言葉とは? その思いに迫ります。

「貧困」という大きなテーマについて書く重圧

— 『すぐそばにある「貧困」』、やっと書き終わったということで、率直に今どのようなお気持ちですか?

大西連(以下、大西) いや、本当にやっとですね(笑)。企画から3年かかりました。

— そうですよね(笑)。しかも初めての単著。

大西 相当なプレッシャーでした。しかもテーマが「貧困」。僕は「もやい」というNPO法人で日本の貧困問題に取り組んでいるわけですが、この本をきっかけに貧困問題に関心を持つ、初めてそれについて知る人がいるかもしれないということに、すごく責任を感じました。「貧困ってなんだろう?」と思ってこの本を読んだ人が、貧困問題に対してネガティブなイメージを持ってしまっても嫌ですし。だから3年かかったわけですけれど。

— 重圧を感じていたんですね。

大西 それから理由はもう一つ。貧困って、やっぱり語ることが難しいテーマなんですよね。意味が広い。読んで字のごとく「貧しくて困っている人」ですが、そもそも「困っているって何?」という話になるんです。どう定義するんだろう、とか。例えば、生活保護、ホームレス問題、住宅問題、子どもの貧困、女性の貧困というのは、それぞれテーマが絞れていますよね。でも「貧困」って、「平和」や「教育」とかと同じくらい大きなテーマ(枠組み)だから、どういう切り口で書くのかすごく悩みました。それで悩むうちに、僕は学者でも専門家でもないし、自分が普段の活動のなかでやっている範囲で書けることって、自分の目で見てきたものにフォーカスするしかないんだと思って、こういう形になりました。

— この本は、大西さんの今までの支援活動の中で実際に体験したエピソードを綴ったものなのですね。

大西 その方法でしか、スタートラインには立てなかったと思います。

見えづらい、わかりづらい、でも困っている人たち

— 「もやい」ではどのような活動をしているのですか?

大西 「もやい」は日本国内の貧困問題に取り組んでいる団体です。生活困窮者の方の相談にのる、生活保護の申請に同行する。あるいはホームレス状態の人がアパート入居する際の連帯保証人を引き受ける、孤立の問題に対して居場所作りの活動をする。そして、現場から見えてくることを国に政策として提言する。ざっくり言うと、そういう活動をしています。

— 「もやい」に関わるようになって何年目ですか?

大西 ボランティア時代も含めれば5年目ですね。正式に働き始めたのは2012年からなので、スタッフとしては3年目です。理事長になったのは14年なのでちょうど1年……そう考えると短いですね(笑)。

— でもすごいですよね、20代で日本の貧困問題をその肩に背負うっていうのは。ボランティア時代も含めて5年間活動を続けてきたわけですが、日本の貧困問題の状況は改善されていると感じますか?

大西 難しいですね。良くなっている部分もあれば悪くなっている部分もある。時代や状況の変化というは目に見えてあるな、とは思いますが。

— というと?

大西 さまざまな新しい法律ができたり、生活保護法が改正されたり。制度として悪くなった部分もあれば、新しい政策ができたことを評価できる部分もある。でもその新しい政策が抱える問題点もあったりして、一概にはプラスとは言えない。確実に言えるのは政策の状況が「動いている」ということだけで、必ずしも前に向かって良くなっているとは言えないです。それに、現場の状況も大きく変わりました。

— それは支援の?

大西 そう。支援団体が増えたし、発信力を強めています。あとは困窮している人たちの状況。複雑な困難さを抱えている人が増えているのではないかと思います。セーフティネットや政策は増えたけれども、そこからこぼれている人がいるのは変わらない。今回の本のテーマでもありますが、「見えづらい、わかりづらい、でも困っている」っていうのはより強まっている印象です。

メディアが映し出す「わかりやすい貧困」と現実のギャップ

大西 あと、メディアでも貧困というテーマが取り上げられることが増えましたよね。一般的に認知されてきた。これはいいことなんですけど、逆に、認知されたことでトピックとして特別なことではなくなってしまった。だからわかりやすいものだけを取り上げる傾向がある。こんなに大変な状況の人がいる、かわいそうな人がいる、女性の貧困や子どもの貧困はこんなに拡がっている……。たしかに、どれも必要な視点なのですが、ある種キャッチーで強調されすぎている気がします。メディアなどからの取材依頼でもそういう、わかりやすい事例や、極端な話を求められることも多い。もちろん、そういった依頼には協力できないのですが。

— ある種、見世物的になってしまっていると。

大西 取り上げられるものと現実とのギャップは強まっている気がします。でも、多くの人の実感として、貧困という現実はかなり沁みてきているんじゃないですかね。特に非正規労働者が多かったり、働く環境や給与の状況の変化を身近に感じやすい若年層はそうかもしれません。先の見えない不安に対するリアリティは強いと思います。

— この本が新しいのは、テーマを絞らず、生活保護、不正受給、水際作戦、女性、若者、ホームレスと、全部含んでいて、なおかつ全部が同情できる話ではないところ。「この人も悪いんじゃない?」と思われるような、グレーな部分まで書いているところだと思うんです。

大西 もちろん僕は「貧困は社会的な問題だよね」「本人の責任だけじゃなくて、いろいろな社会的要因が重なっているんじゃないの?」と普段言っています。けれどもその一方で、本当に一人ひとりの人っていうのは、当たり前だけどその人の人生があるんですよ。わかりやすい、典型的な人生ってないじゃないですか。そのニュアンスは大事にしたかったです。

貧困に生きる人たちの「生の言葉」を伝えたかった

大西 だから今回、何が難しかったかといえば切り取る作業ですよね。僕のフィルターを通すということ。文章にする以上、ある程度、見えやすい形で提示せざるを得ない。障がいを持っている人とかセクシャルマイノリティの人とか、触れられなかった人はたくさんいますから。これまでに出会った人が1000人以上いる中で、切り取った部分がある。あるんだけれども、できるだけ切り取りすぎず、言葉にできないような奥行きの部分が伝わったらなと。その人の言葉だったり、生き方だったり、テンプレではない、実際に起きていることを提示できるようにしたいとは思いました。

— そうですよね。やっぱり、出てくるセリフが全部いいんですよ。

大西 それは恐縮です。セリフは生の言葉、実際に聞いた言葉を使っています。

— 次こうくるだろうと思っても、必ずしも期待通りのセリフがこないんですよね。すごくドキッとします。

大西 同時に、僕自身の生の声や当時の感覚も大切にしました。そういうのって、日々の相談に追われていると忘れちゃうし、通り過ぎちゃうんですよね。だから今回は立ち止まって、振り返って、考えるという作業をすごくしました。この本に出てくる人たちの言葉もそうなんですが、僕の言葉も同じように生じゃないと意味がない、と。「○○が正しい」「××にするべきだ」と社会正義をかざすような声ではなく、その時悩んだこととか、変な高揚感を持って何でもやれる気になっていたことだとか、なかには今となっては恥ずかしかったりするものもあるのですが、そこを率直に書く、ということをすごく意識しました。

— だからこそ、余計に悩んだと(笑)。

大西 だって、振り返ってみたらかっこ悪いことばっかりしてるじゃないですか(笑)。何も知らないまま責任あることをやったりやらされたり。信じられないような話です。何の知識もない20代そこそこの人間が、一人の人の人生に大きく関わってしまうんですから。いいか悪いかは正直わかりません。でも、実際に目の前でその人たちが困っていて、支援活動に携わる人も少なくて、やれることはやるしかないっていう状況で続けてきたんですよね。

この連載について

すぐそばにある「貧困」

大西連

「僕たちと貧困を隔てる壁は、限りなく薄く、もろく、そして見えづらくなっています」 20代にして日本の貧困問題の解決を目指すNPO法人「もやい」理事長を務める大西連さんが、日本に蔓延する見えない貧困の実態に迫ります。貧困の背景に...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

consaba #ss954 #radiko #tbsradio 2年弱前 replyretweetfavorite

inutaku_ 読んでみたい→"この本が新しいのは、テーマを絞らず、生活保護、不正受給、水際作戦、女性、若者、ホームレスと、全部含んでいて、なおかつ全部が同情できる話ではないところ" ・ 約3年前 replyretweetfavorite

i_n_m_16 読みたくなる。貧困にかかわらず、現実は多層でぐっちゃぐちゃで混沌としてて。単純化したい脳を殺せ。 約3年前 replyretweetfavorite

YumikoSatoMTBC 日本もアメリカのように、貧富の差の多い国になっていくと思います。社会的に弱い立場にいる人たちに、サポートが提供できる国であって欲しいですね。 https://t.co/1waGByNjmf 約3年前 replyretweetfavorite