進化するボーイズラブの愉しみ

男同士が「当たり前」になったら、BLは滅びるのか?—vol.4

渋谷区の同性パートナーシップ条例やアメリカ最高裁が同性婚禁止を違憲とした判決など、LGBTに関連する社会の前向きな変化が起きつつあります。三浦しをんさんはそれを嬉しく思う一方、「世の中の認識として同性愛が当たり前になってしまったら、BLは成り立たなくなるんじゃないですか」と聞かれて、びっくりしたそうで……。『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』を出版された溝口彰子さんと大のBL好きである作家の三浦しをんさんの対談、ついに最終回です。

男同士は「許されない」ままがいい?

三浦しをん(以下、三浦) 渋谷区で同性パートナーシップ条例が成立したり、アメリカの最高裁の判決でアメリカ全州での同性婚が認められたりして、日常的にもLGBTに関するニュースを聞くようになりましたね。

溝口彰子(以下、溝口) そうですね。渋谷区の条例というのは、すごくざっくり言えば、任意後見書類をかわして登記していることと、共同生活の合意契約を公正証書で作っている人たちに対して、区長がその関係性を尊重してね、と言ってくれる、ということ。つまり既存の制度を利用した二人に対して、さらにお墨付きを与えてくれるだけなんですよね。別に何らの公的な資格を渋谷区が与えてくれるものではない。でも、それによって、表立ってしゃべりやすくなったという点で、本当に大きな前進だったと思います。

三浦 そういう同性愛などの多様な関係のあり方が「当たり前」になっていくのは、喜ばしい流れですね。でも、ちょっとびっくりしたことがあって。

溝口 どういうことですか?

三浦 「世の中の認識として同性愛が当たり前になってしまったら、BLは成り立たなくなるんじゃないですか」と聞かれたことがあったんです。

溝口 えーと、つまり、「男同士なんて許されない」とか「男同士なんておかしい」といった前提とか葛藤が生まれなくなるから、そういうBL作品が楽しめなくなるってことですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
進化するボーイズラブの愉しみ

三浦しをん /溝口彰子

BLと女性のセクシュアリティーズを研究している溝口彰子さんの著書『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』が発売されました。これを記念して、下北沢のB&Bで、溝口さんと、大のBL好きで知られる作家の三浦しをんさんの対談イベントが行われ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hiro094 なるほど・・・。その葛藤も含めての百合なのか(脳内変換 3年以上前 replyretweetfavorite

saphir_  “「やおい論争」...作り手側、とくに書き手を支える編集者は、それじゃまずいと思う...ホモフォビアですらなくて、ただただ...知らない、知ろうとしていないのではないか” 4年以上前 replyretweetfavorite

0501Can #同性愛 #ゲイ #BL #LGBT #セクシャルマイノリティ 4年以上前 replyretweetfavorite

Blau_eyes_Dog https://t.co/EgPaKk5fht 面白い記事だ。 4年以上前 replyretweetfavorite