人類だけは他の生物とは違うのだと思い込む危険性について

人類だけが自然をコントロールできる、自然とは違う存在だと思い込んでいないだろうか? その考えが人類の未来を危うくするような多くの深刻な問題を引き起こしてきたのではないか。私たちに今大事なことは何なのか。

扇形の生命史


 『イシュマエル』という小説の作者ダニエル・クインは、これまでの「進化という神話」に代わる、本当の進化の意味をゴリラに語らせようとした。そうすれば、そこに人類がこれから歩むべき道が開けるだろう、と。

 ここで、思い出してほしい。本連載のはじめの方で、「進化」を「弱肉強食」ととらえるまちがいについて話したね。自然界における「強さ・弱さ」は、ぼくたちが思い描くような単純なものではない、と。「強さ」とは決して、他者を打ち負かすことではない。食う方が食われる方より「強い」といっても、その食われる方が生きていてくれるおかげで、食う方は生きていられるのだから。  そして、「棲み分け」という言葉について学ぶことを通じて、すべての生物種が「オンリー1」であるだけでなく、「ナンバー1」でもあることを見た。

 生物学者の稲垣栄洋はこう言っていた。生物にとって生き残ることこそが最も重要なのだとすれば、結局、「強い生き物が生き残る」のではなく、「生き残ったものが強い」のだ、と。その意味では、38億年の生物進化の歴史を経て、今生きているどんな種も最強の種にちがいない。

 そして、その強さの源が、それぞれの種が見出した独自のニッチ(生態学的な居場所)にあることについても見た。さらに、そのニッチを見出すことを可能にしたのが、それぞれの種が抱えている「弱さ」のおかげなのだということ—つまり、強さの源が弱さであるということ。

 ゴリラのイシュマエルが批判した「進化という名の神話」では、言わば人間がピラミッドの頂点に立っていた。このピラミッドを逆さまにして、扇のような形で進化の歴史をイメージすることを教えてくれるのは、生命科学者の中村桂子だ。

 要(かなめ)を下にして、上へと開いている扇—を想像してみてほしい。そこにさまざまな生物が細かく描かれている。それが中村の考案した「生命誌絵巻」だ。  まず扇の上端—それを「天」と呼ぶ—には現在の世界に生きている多様な生きものたちが並んでいる。バクテリアも、藻類も、菌類も、植物も、動物も、そしてヒトもいる。それらは、数千万種にも及ぶと推定される無数の生物たちを代表している。

 扇の要の部分は、38億年前の地球上の生命の始まりを表している。そこに描かれているのが、祖先細胞で、そこから、この38億年の間—つまり、扇の下から上まで—に生きたすべての生きものが生まれてきた。こうして扇は一つの生命から、何千万種へ、一から多様性へと向う進化の筋道を示している。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
弱虫」でいいんだよ

辻信一

私たちの生きる世界では「終わりなき経済成長」をテーマに人々が邁進しています。それをこなすのは大変です。誰もが効率的に働かなければ世界が回らないと思い込んでいます。過剰な世界を支えるのは「強い人たち」です。健康で体が強く、より早く、より...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hasmi_t 「人間を含むすべての現生生物が、38億年の歴史をもっているということを表している。」 4年以上前 replyretweetfavorite