新人賞」では出会えない才能が生まれる場所【前編】

芸人の又吉直樹さんの『火花』が第153回芥川賞受賞というニュースに沸いた7月16日。選考結果発表のちょうど数時間前に発表されたのが、文学同人誌即売会「文学フリマ」と小説投稿サイトの「E★エブリスタ(以下、エブリスタ)」が提携し、文学フリマ出店者の作品がエブリスタで読める「立ち読みカタログ」を提供するというニュースです。一見、相反する世界観を持っているような両者がなぜ提携したのか? 創作の発表の場が広がる中で、新しい表現はなにを原動力に生まれるのか? 文学フリマ事務局の望月倫彦さんと、エブリスタ取締役の芹川太郎さんの対談を前中後編でお届けします。(構成:碇本学)

よりカオスなところと組むのが理想だった

— 本日は文学フリマ事務局の望月さんと、エブリスタ取締役の芹川さんにお集まりいただきました。まずは文学フリマとエブリスタ、それぞれについて軽くご説明いただいてもいいでしょうか?

望月倫彦(以下、望月) 文学フリマは評論家・まんが原作者である大塚英志さんが「コミケみたいなイベントを文学でもやればいいじゃん」と呼びかけたことから2002年に始まった、文学作品の展示即売会イベントです。東京での開催は今年のGWで第20回を迎えたほか、大阪、金沢、福岡など、じわじわと全国展開もしている最中。小説、評論、短歌、俳句、詩歌、エッセイ、ノンフィクションなど、「出品者自身が文学と信じるもの」であれば何を出品してもいいというコンセプトです。

芹川太郎(以下、芹川) エブリスタの始まりは2010年です。もともと「モバゲーダウン」内にあった小説コーナーからスタートして、それが盛り上がってきたので、単独のサービスとして立ち上げたという流れで。初期の頃はいわゆる「ケータイ小説」っぽい恋愛ものが多かったのですが、最近ではホラーやサスペンス系の小説が人気で、コミックの原作になるような事例も増えています。

望月 ケータイ小説がブームになったときに、文学フリマの現場ではその影響を感じませんでした。つまりまったく違う世界の出来事だった。逆にエブリスタを見ていると、掲載されている作品の幅がかなり広いのが特徴ですよね。だいたいこういうサービスって、結局「小説とマンガのサイト」になると思うんですが、エブリスタはエッセイにノンフィクション、短歌に俳句などの投稿もあって、文芸の全ジャンルを総合サイトとして扱っているほとんど唯一のものになっています。

芹川 時期ごとにジャンル的なトレンドはあるんですが、基本的には皆さんが好きなものを書いてもらっています。そこに読者がつくことでいろんなジャンルが盛り上がる場になっていけばと。サービスとして、ジャンルやコンテンツの内容による色はできるだけ持たないようにしたくて、広く多くの人が集まるいちばん大きな場所にしていきたいですね。

望月 提携にあたって、文学フリマの参加者から見たら「なんでエブリスタと組むのか?」という疑問があると思います。世の中には他にもいろいろな小説投稿サイトがありますが、なぜ文学フリマがエブリスタと連携するかというと「全部のジャンルを受け入れてくれるから」という理由が大きいです。文学フリマの特徴は、いろんなジャンルが一緒になっているところ。会場には小説もあれば、短歌、俳句、評論、旅行記、統計の本とかデータ集を出している人もいる。そういったものとカオスに出会えるというのが文学フリマの面白さでもあって、そこが失われてしまうとつまらない。何なら、よりカオスにしてくれるくらいのところと組むのが僕の理想でした。

芹川 実は、以前から文学フリマ的なリアルイベントは自社でもやりたかったんです。が、全部ゼロから立ち上げるのはかなりハードルが高く……。文学フリマはすでに20回分の歴史と実績があるので、エブリスタが持っているノウハウをそこに提供する形がベストなのかなと。これまでにも「ニコニコ超会議」に出展したり、他社ともコラボされたりしているので、こういった提案を受け入れてくれる土壌があるのではという期待もあって、今回お声掛けしました。

「誰かがちゃんと見ている」という喜び

望月 あと、僕はエブリスタで活動している人にリアルイベントの良さも知ってほしい。いきなり出店しなくても、会場に来て自分と同じようにアマチュアで活動している人たちがどういう本を作っているのか、それを知るには文学フリマに足を運んでもらうのがいちばん手っ取り早いから。

芹川 「立ち読みカタログ」を見ると、エブリスタで活動されているクリエイターさんが既に応募されています。

望月 それはうれしいですね。一度、実際に本にしてみると得るものが大きいと思います。たとえば本の形にして目次を見ると「やたら二章だけ長いな」とか(笑)、おかしい部分が客観的にわかるようになる。それに、新作を紙の本で作ろうとするとおのずと締め切りができます。これは素晴らしい機能で、小説に限らずすべてのアマチュア表現者にとって、「締め切りがない」というのが作品を完成させる最大の障害になります。完成させなくても誰にも怒られないので、ウェブでは「続く」のまま早三年、みたいなことが……。

芹川 よく起きてます(笑)。作品を終わらせるきっかけや期限作りは大事ですね。エブリスタのユーザは、人によっては毎日2ページずつ書いて公開したりします。だから先ほどおっしゃっていた「二章がやたら長い」現象は充分に起きうる。一方で、毎日誰かが見にきてくれるからこそ、たとえ2ページずつでも先に進めるという利点もある。ウェブで書いていると途中経過から読んでくれる人がいるので、「応援してもらえているのが実感として分かるから頑張れる」という作家さんもいる。そういう書き方もありかなと思います。

望月 「誰かがちゃんと見てくれている」ことは作り手にとってはうれしいですからね。

芹川 それを日常的に実感できるのは、オフラインで書くことにはない良さですね。あと、ネットで作品を公開する一番大きな利点は、とにかく読んでもらう機会が増えることなので、これまで文学フリマで紙の本を作っていた方にも、エブリスタにぜひチャンレンジしてもらいたいです。

望月 同人誌活動をある程度続けていくと、いくつかぶち当たる壁があります。一つは在庫を抱えてしまうこと。次がその逆で、最初に作った部数が少なくて売り切れたときに、再販するハードルがすごく高いことです。いろんなやり方がある中で、たとえばエブリスタみたいなサービスで、完売した作品をうまく活用する方法もあっていい。

芹川 紙で刷った分が完売しても、デジタルでアーカイブして誰にでも読める状態にしておくということですね。紙で買ってくださる方は濃いファンなので、デジタルで読めてもやっぱり紙で手元に持っていたいという気持ちが強いはず。両方あったほうが作品にとっては絶対いいと思います。エブリスタなら作品の販売もできるので、電子版という形で販売してもらってもいいですし、一度アップすれば、出版社とタイアップで開催している新人賞にもいつでも応募できます。

文フリもエブリスタも「使ったもん勝ち」

望月 文学フリマもある意味なんでもあり、うまく使ったもん勝ちなので、ルールさえ守っていればどう利用するかは参加者に任せています。文学フリマにプロの方が出る場合も「ちょっと商業の場所ではできないような実験を試してみようかな」という動機でやられる方が多いのかなと思います。

芹川 実際にはどういう方が出店されているんですか?

望月 過去の例で言うと、桜庭一樹さんと桜坂洋さんが合同本を出したことがありました。2005年ぐらいなので、桜坂さんの『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のハリウッド映画化が決まる前、桜庭さんもまだ直木賞を受賞する前ですね。合作本はなかなか出版社で企画として通すのは難しいので、同人誌でやってみたんだと思います。

芹川 豪華な組み合わせですね。イベントはその日限り現れるもので、ネットはずっと使えるものなどの違いはありますが、わたしも望月さん同様、「リアルなのか、ネットなのか」の二択ではなく、どちらも場として使ってくれればいいと考えています。小説を書いたり読んだりすることそのものを楽しむ場でもいいし、人にケツを叩いてもらう場でもいい。プロの作家になるステップとして使ってもらうのも当然ありで、今ある文学賞にピンとこない人は、エブリスタになにかを見出してほしいです。毎月文学賞をやっているし、既存の出版社以上にデビューのチャンスを提供できているので。

望月 エブリスタはいろんな出版社さんと結びつきがあって、特定のパイプだけではなくいろんなラインを作って書籍化に結び付けている印象があります。

芹川 いま、年間で140点くらいが書籍化しています。本をたくさん作りたいと社内でも考えているのは、とにかくエブリスタで書いている作家さんたちにとって「やっぱり本になるとうれしい」から。その機会はできる限り提供したい。エブリスタの有料作品販売の印税は49%なので、なかには生活費ぐらい稼いでいる人もいるんですが、彼らにとっても自分の書いたものが紙の本になるっていうのはすごくうれしいことなんですね。
 たとえば最近だと「エブリスタ小説大賞2015-16 新潮文庫 ミステリー&エンターテインメント賞」という賞で作品を募集中で、大賞受賞作は新潮文庫から本になるんです。小説を読む人なら、新潮文庫ってやっぱりうれしいじゃないですか。


『謎好き乙女』
シリーズ

瀬川コウ『謎好き乙女と奪われた青春』を読む

望月 あの新潮文庫だよ!ってね。

「新人賞狙い」ではこぼれてしまうもの

望月 「新人賞を取ってデビューし、より有望であれば芥川賞というお墨付きをもらう」という流れが純文学の世界ではずっと続いていますが、それもたかだかここ50年の機能にすぎない。それ以前は、古い意味での同人活動で交流して切磋琢磨したり、有名作家に弟子入りしたりして、実力を認められれば編集者が雑誌に掲載するという形で作家を世に送り出していたんですよね。だから、出版社主宰の新人賞システム以外の道というのは当然あるべきで、いまは編集者が作家を探し出してくるかわりに、投稿サイトである程度人気が出ていることがひとつの指標になっている。それはネットでないとできない機能です。

芹川 出版社がふつうに文学賞をやっている限り見つからないような作品が突然出てきたりするのが、エブリスタのいいところですね。大人気シリーズとなった『王様ゲーム』だって、普通の文学賞に応募されていたら多分落ちていたんだろうと思う(笑)。そもそも「文学賞をとりたい」という発想で書いている作品ではないので。そういうものが生まれて、きちんとヒットになって、次の新しいものが生まれるきっかけになっていくのが大事だと思います。


『王様ゲーム』

金沢伸明『王様ゲーム』を読む

望月 新しいものが出ていく回路は大事ですよね。ある程度レーベルの傾向は決まってくるので、実際は新人賞にも傾向と対策がある。時事ネタで言えば、又吉直樹さん本人は芥川賞を取ったときに「なにも考えてなかった」とコメントをしていますが、受賞作の『火花』は中短編を対象にする芥川賞にズバリ適合する長さで、掲載誌は文藝春秋の「文學界」。あれは芥川賞を狙いにいったフォーマットで書かれた作品に、僕には見えました。本人が考えていないとおっしゃっているならば、編集者がそういう風に調整していたのかもしれませんが。

芹川 もし本当に狙っていったのだとしたら、それは編集者の腕が素晴らしいですね。一方で、それじゃあ既存の「傾向と対策」に当てはまらない、まったく新しいものは誰がどこから生み出すの? という話に当然なっていく。わたしは最終的には「人が読んでこその文学」だと思います。読む人が「これは今までになかった、面白いな」と思えるものと出会える場所がなくてはダメで、エブリスタや文学フリマも、そういった形で機能しえる場なのかなと。誰かが色をつける場所ではなくて、色のついていないものが場に集まってきて、読者がそれぞれ気に入ったものを見つけていくということが生まれていけばいいですね。

(次回につづく)
文学フリマ出店者の作品がエブリスタで読める! 「立ち読みカタログ」はこちらから。

この連載について

スマホ時代の文学と作家たち—文学フリマ×エブリスタ特別対談 

望月倫彦 /芹川太郎

芸人の又吉直樹さんの『火花』が第153回芥川賞受賞というニュースに沸いた7月16日。選考結果発表のちょうど数時間前に発表されたのが、文学同人誌即売会「文学フリマ」と小説投稿サイトの「E★エブリスタ(以下、エブリスタ)」が提携し、文学フ...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

akihik0810 文学フリマ×エブリスタ特別対談 / #文学フリマ 2年以上前 replyretweetfavorite

rererererei 文学なんてもう100年以上オワコンだw https://t.co/efS6ZrMm0N 「しかし、文学そのものが世の中からするとニッチになっている自覚が僕にはあるので、その中できメジャーかニッチかという話はたいしたことではないと思います。 」名言だす。@taroserikawa 約4年前 replyretweetfavorite

Bunfreeofficial cakes(ケイクス)でエブリスタの芹川太郎さんと文学フリマの望月の対談が掲載されています。前・中・後編の全三回予定です。→文学フリマ×エブリスタ特別対談 http://t.co/uhluTKjitK #bunfree 約4年前 replyretweetfavorite

sakae76u 私生活アカで妙にふぁぼ来たので、こっちにも置いときますね→ 約4年前 replyretweetfavorite