文章は目と耳と脳で味わうもの

ニュースサイト「ナタリー」の文章教室「唐木ゼミ」。文章を書き上げ、いよいよ磨き上げていく段階に突入しました。気持ちよく完読できる文章にするためには、どこに気を付けて磨けばいいのでしょうか? 「3つの見地」を意識しながら例文を味わってみましょう。

推敲の3つの見地

 よく「料理は目と耳でも味わう」なんて言いますが、文章も同じ。われわれは書かれている内容だけを味わっているわけではありません。見た目のイメージや立ち現れるリズムを感じながら、脳で意味を捉えていくのです。

 したがっていくら内容が好ましくても、視覚的に醜い文章、韻律のつたない文章は、最後まで読む気になれません。「完読」を目指すためには、意味は脳、字面は目、語呂は耳、と複数の感覚器を使って、立体的にブラッシュアップする必要があります。

1 意味=ミーニング=脳

 まずは黙読しながら内容のチェックです。事実→ロジック→言葉づかいの順に積み上げていくのは前回紹介した通り。誤字脱字や事実誤認はないか、次いで主眼と骨子がかみ合っているかどうか、そして表現や文法が適切かを確認していきます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

文章を磨くポイントを具体的に紹介しています

この連載について

初回を読む
新しい文章力の教室

唐木元

文章を「書きながら」考えていませんか? 毎月3,000本以上もの記事を配信し続けるニュースサイト「ナタリー」で新人教育を担当する唐木元氏が、「書ける人」が自然にやっている基本を誰でも実践できるメソッドとして伝えます。 本連載で...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

harunon416 ”ととと??”特にエンタメ記事を書く時あるある!ひらがな連続は注意しないと。 約4年前 replyretweetfavorite

tokotokosanpo 目指すはグレーな色彩の文章⇒ 約4年前 replyretweetfavorite

British_Blue 日英翻訳のクラスで習ったこととすごく被る。言語は違えど同じように組み立てていくものなのかもなぁ言葉って。/ 約4年前 replyretweetfavorite