NO1商品も有効性なし? サプリと医薬品のグレーゾーン【後編】

減量に近道はない──。だが、少しでも楽をしたいのが人情だ。科学的根拠が完全でなくても、効果があるなら試したいと、グレーゾーンのダイエットを実践する人は後を絶たない。(後編)

 安全性を重視するなら、日本の病院で処方される「サノレックス」がある。食欲を抑える作用があるが、重度の肥満症患者が対象で、服用期間は3カ月以内など使用条件が限られる。

 この他、本来はダイエット向けではないが、抗てんかん薬の一部を減量のために転用するやからもいる。実際、食欲不振や体重減少などの副作用がある抗てんかん薬、「ゾニサミド」を服用した人は、服用していない人に比べて、1年後に平均3.3キロ多く減量したという米国での実験結果もある。

 このように実際に効果が期待できるなら、リスクを承知で飲みたくなる気持ちも分かる。では、日本国内で一般に流通するダイエット系サプリは、本当に効くのか。効くなら、消費は伸びているはずだが、実は売り上げは減っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
人気爆騰! ライザップの秘密

週刊ダイヤモンド

CMでおなじみの高級プライベートジム「ライザップ」の人気が爆騰している。人気の秘密は何なのか。体験取材や社長インタビュー、ビジネスモデル分析から徹底解明する。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません